TOP > 住宅ローンの基礎知識 > 年収800万円が借り入れできる住宅ローンの上限金額は?理想の借入金額と無理のない返済計画をご紹介

年収800万円が借り入れできる住宅ローンの上限金額は?理想の借入金額と無理のない返済計画をご紹介

【更新日】2022-06-09
このエントリーをはてなブックマークに追加

一般サラリーマンの平均年収の約2倍もの金額に位置する、年収800万円は高収入に位置づけされています。

誰よりも多くの収入を得ている年収800万円の方でも、住宅購入時に組む住宅ローンの借り入れができるのか不安に思われる方がいます。

月々の収入に余裕があるといっても、高額な返済金を要求される借り入れを行ってしまえば、年収800万円の方でも生活が困窮し、返済ができなくなることもあります。

ここでは、年収800万円の方でも無理なく返済していける理想金額度と借り入れできる上限金額、無理なく返済していくコツをご紹介します。

審査が甘い・通りやすい?住宅ローンランキング!審査の緩い借りやすい銀行を見抜くコツ
人気の住宅ローン【2022年07月最新】
三菱UFJ銀行 住宅ローン
● 最も利用者が多い人気ローン!14年連続No.1
● 申込から借入まで来店不要!口座なしでも申込可
● コンビニATMが24時間無料!お得に借りれる
繰上返済手数料 0円 事務手数料 0円
保証会社手数料 33,000円 団体信用生命保険料 不要
\簡単15分でWeb申込!/

年収800万円が借り入れできる上限額と理想の借入金額はいくら?

年収800万円の方が住宅ローンを組むとき、いくらまで借り入れできるのか気になるところですよね。

手取り収入に余裕があるといっても、借り入れ金額を見誤れば、たちまち生活が苦しくなるそれがあります。

ここでは、年収800万円の方が借り入れできる上限金額と無理なく返済できる理想金金額の2つをご紹介します。

上限額は年収の約9.5倍の金額まで借り入れ可能!

年収800万円の方が借り入れできる上限金額は、年収の約9.5倍に当たる約7,500万円まで借り入れができます。

借り入れできる上限金額は、借り入れ手続きを組む金融機関によって大きく異なりますが、7,500万円まで借り入れできる金融機関が多いです。

ただし、住宅ローンを組むときは、借入限度額と実際に返済できる金額を別モノとして考えなければなりません。

無理なく返済するなら3,200万~4,400万円圏内がおすすめ!

年収800万円の方が住宅ローンを組む場合、無理なく返済できる金額の理想額は3,200万~4,400万円圏内でローンを組むのがおすすめです。

理想金額の範囲は、返済負担率20%~35%以内に収まっている範囲内で算出しています。

ローンを組むときに実施される審査では、年収が占める返済額の割合がどれくらいを示しているのかを見ています。

金利別・無理なく返済できる理想の借入金額

住宅ローンを組むとき、金利の型を選択します。

金利の型には、固定金利と変動金利の2つの型が存在し、借り入れする金融機関によっては、一方の型のみしか選べない場合があります。

ここでは、それぞれの型を選んだ時の理想金額をご紹介します。

固定金利で見る理想の借入金額

固定金利で住宅ローンを組んだ場合、借り入れを行った月から完済する月まで一定の金利で返済額を納めていきます。

月々の返済金額が一定のため、金利上昇リスクがないうえ、完済完了までの予定計画が組みやすいです。

ただし固定金利には、全期間固定金利期間選択型金利の2つがあります。

全期間固定金利は、完済までずっと同じ金利で返済ができる方です。

こちらでローンを組む場合、金利上昇リスクがないため借入の理想金額は3,200万~4,400万円圏内がおすすめです。

一方、期間選択型固定金利は、一定期間だけ金利値が一定で期間以降は金利優遇幅がなくなり、返済額が総額するリスクが伴います。

こちらの型でローンを組む場合の理想金額は、3,200万~4,000万円圏内がおすすめです。

金利固定期間が終わっても、返済できるよう借入金額を抑えるのが、期間選択型固定金利の賢い借り方です。

変動金利で見る理想の借入金額

変動金利は、固定金利よりも低金利でローンを組めますが、金利見直しのタイミングで、金利が上昇する可能性があります。

金利が上昇すれば、月々の返済額が上がるため、返済負担率が35%以上もあれば、月々の返済が滞る危険性があります。

そんな変動金利で住宅ローンを組む場合は、3,200万~3,900万円圏内が借り入れるのがおすすめです。

金利上昇に見舞われても、返済負担率が35%を超過しない範囲で借り入れするのがポイントです。

住宅ローンの審査に通りやすい人の特徴とは?職業・職種が関係?高年収でも通らない人がいる?

年収800万円の方が購入できる物件選択肢は広い

住宅を購入するとき、新築か中古物件、さらにマンションか一戸建てにするかなど様々な選択肢を遵守して自分の理想に近い物件を購入します。

また購入する物件のエリアが都内か郊外かで地方にするかによって、金額が前後します。

年収800万円の方が借り入れできる理想金額の範囲なら、新築の一戸建て・マンション、中古物件の購入など幅広い選択肢をもって購入検討ができます。

おすすめは物件価値が下がりにくいもの

購入できる物件の幅が広い年収800万円ですが、物件を購入するときは物件価値が下がりにくいものを選ぶのがおすすめです。

理由は、残債額が物件の売却金額よりも高い場合に起きるオーバーローンを避けるためです。

物件価値が下がりにくいものなら、高額で物件売買ができて得た資金を元にローン完済、住み替えが容易です。

また足りない分の補填資金の用意をしなくて済みます。

物件価値が下がりにくいものの特徴として、下のものが挙げられます。

  • 最寄駅から近い
  • 生活商業施設などが近い
  • 管理・維持が行き届いている

また物件購入時に、頭金を用意しておくと、オーバーローン解消や返済期間短縮につながります。

年収800万円でも上限額ギリギリまで借りるのは危険!

人気の住宅ローン【2022年07月最新】
三菱UFJ銀行 住宅ローン
● 最も利用者が多い人気ローン!14年連続No.1
● 申込から借入まで来店不要!口座なしでも申込可
● コンビニATMが24時間無料!お得に借りれる
繰上返済手数料 0円 事務手数料 0円
保証会社手数料 33,000円 団体信用生命保険料 不要
\簡単15分でWeb申込!/

年収800万円の方でも住宅ローンを組むとき、借り入れできる上限金額ギリギリまで借り入れするのは危険です。

ローンを組むときは、「借り入れできる金額=返済できる金額」という認識を捨て、無理なく返済できる許容範囲内でローンを組むのがおすすめです。

ここでは、年収800万円の方が上限金額ギリギリまで借り入れした時に伴うリスクを3つご紹介します。

リスク①返済負担率が約50%を占める可能性が高い

年収800万円の方が上限額ギリギリまで借り入れを行った場合、月々の返済額はおおよそ20万円を超え、返済負担率は50%近くを占めます。

さらに住宅購入ということで賃貸の時にはなかった、固定資産税や管理・維持費用、修繕費用などの支払いが発生します。

余裕を持って返済していくためにも、上限額ギリギリまで借り入れるのは控えましょう。

リスク②金利上昇で資金対応が追い付かない

低金利の変動金利で住宅ローンの借り入れを上限額まで手続した場合、金利見直しのタイミングで金利上昇に見舞われるリスクがあります。

当然金利が上昇すれば、月々の返済額が増額します。

返済負担率も50%近くあるため、生活資金を切り詰めれば返済対応はできますが、冠婚葬祭や納付書送付など、急を要する出費が重なれば、返済対応が追い付かず返済が滞る危険性があります。

もし返済が長期間滞れば、物件の差し押さえ、強制売却、立ち退きを余儀なくされます。

せっかく購入した物件を手放さないためにも、無理なく返済できる範囲で借り入れするのがおすすめです。

リスク③教育費・医療費などに回す余裕がない

返済負担率が50%を超えている状態だと、教育費や医療費など将来必要になる資金に回す余裕がなくなります。

現在定年退職後に頂ける年金捻出がままならない状態である以上ある程度の貯蓄を作っておかなければならないうえ、医療費や学費が高騰している状態です。

余裕を持って支払いを行っていくためにも、目先の欲に負けず、将来のことを見据えて借り入れを行うのが賢い借り入れです。

住宅ローン地獄から脱出できない主婦の実例を紹介!返済滞納で借金地獄に落ちる原因・対策・後悔しない選び方

年収800万円の方が無理なく住宅ローンを返済していくコツ

年収800万円の方が住宅ローンを借り入れる時は、手取り収入から生活費、固定費を差し引いた金額から無理なく返済できる範囲内で借り入れを行うのがおすすめです。

とはいえ年収が800万円あるとはいえ、借り入れする金融機関によって金利値が異なるうえ、生活費や固定費も人によって金額が異なります。

理想金額を前節でご紹介しましたが、人によっては、理想金額の範囲が返済負担率を高めとしまう原因にもなります。

ここでは、無理なく返済していくためのコツを4つします。

家族構成・貯蓄額・年齢に応じてローンを組む

年収が800万円もあるとは言え、借り入れする方の家族構成や生活環境、年齢などの状況下は異なります。

借り入れを行う際は、自分が置かれている状況に応じて借り入れを行うのが大切です。

たとえば、共働き世帯が多い現代において、今後出産や育児が始まれば、産杞憂を取らざるを得ません。

可能な範囲で片方の収入のみで生活と返済の両立ができることが望ましいです。

ローンを組むときは、長期的視点で返済計画を立てましょう。

生活資金・固定費用などの差引額から逆算して借入額を決めること

住宅ローンを組むときは、生活資金や固定費用などの諸経費から収入額を差し引いて残った金額から逆算して借入金額を決めるのがおすすめです。

年収が800万円あるとはいえ、月々の生活費用や固定費は借り入れする人によって異なります。

場合によっては、理想金額が生活資金に影響を及ぼす恐れがあります。

返済負担率は総返済負担率35%以下に留める

借り入れを行う時に見られる返済負担率は、住宅ローンのみならず、今借り入れをしているもの、カードローンや奨学金などを含めた総返済負担率が35%以下であることを基準にしています。

中でも住宅ローンが占める返済負担率の割合は高く、無理なく返済していくなら住宅ローンの返済負担率を20~30%以内に留めるのがおすすめです。

月々の返済額としては約9万~13万円以内に留めることができれば、金利上昇や修繕費、固定資産税などの納付書が届いても無理なく対応できます。

頭金を用意する

住宅ローンの借り入れは最長35年ローンで組めますが、この35年の期間内で定年退職を迎えないことが借入の条件になっています。

もし返済期間中に定年を迎える計算なら、審査落ちか必須になります。

返済期間を縮めれば審査通過の確率は上がりますが、月々の返済額が増額するリスクがあります。

増額リスクを抑えるためにも、借り入れの段階で頭金を用意しておくのがおすすめです。

頭金を用意することで、借入金額の減額から返済期間の短縮ができますが、手持ち資金を元手にするため、困窮に陥る可能性があります。

また頭金は完全任意なので、資金が集まっていないときは、フルローンで借り入れを行うか、借入金額を減額するなどの処置を検討しましょう。

世帯年収800万円の方が無理なくローンを返済していくコツ

年収800万円といっても、個人年収の場合と、共働きで年収が800万円入っている場合や、貯蓄に余裕がない場合など様々な世帯があります。

世帯によって、同じ年収額でも、家族構成や生活環境、年齢、資金などの各要素によって借り入れできる金額が変わっていきます。

ここでは、世帯年収800万円の方が借入を行う時、無理なく返済し続けるコツを3つご紹介します。

片方の収入のみで返済できる金額で借り入れる

共働き世帯が多い現代において、今後出産や育児、介護などで仕事を続けるのが困難になることがあります。

片方の収入が減少してもいいように、片方の収入だけで返済できる範囲内で借り入れを行うのがおすすめです。

また今後の教育費用や医療費の割り当てる資金を作るためにも、貯蓄に回せる余裕を作っておくのもおすすめです。

物件購入予算を見直す

結婚したてで資金がなかったり、カーローンや奨学金返済の完済に資金を充てたため、貯蓄に余裕がない場合は、物件購入予算を見直すのがおすすめです。

無理を承知でローンを組んだ場合、審査が厳しくなるほか、適用金利が高くなるなどのデメリットが生じます。

資金がない状態で借り入れを行えば、後々の生活が苦しくなるので、購入時期や購入予算そのものを見直すのが得策です。

頭金を用意する

住宅ローンを組んだときの年齢が定年退職を迎える年齢を超える場合は、頭金を用意して返済期間を短くするのがおすすめです。

返済期間が長ければ、月々の返済額が抑えられます。

しかし定年退職を迎えてなお返済が続くなら返済に退職金と年金を切り崩してやりくりしなければなりません。

また金融機関側も返済が定年退職を超えるけど返済は無理なく行えるのか不安になるため、審査そのものを厳しく見るケースがあります。

よって借入時の年齢が定年を超す場合は、頭金を用意して借り入れするのが得策です。

年収800万円で組む住宅ローンも無理のない返済計画を立てること

年収800万円の方は、新築から中古物件まで幅広い物件の中から自分が理想とする物件購入ができますが、欲に身を委ねて高額ローンを組めば、生活が一気に困窮します。

年収600万円同様、借り入れできる金額に余裕がある800万円の方でも無理なく返済できる許容範囲内で借り入れを行って物件購入を行うのがおすすめです。

また借り入れできる金額=返済できる金額というわけではありません。

借り入れを行う時は、生活資金や固定費から収入額を差し引きして残った金額から無理なく返済できる金額範囲で借り入れを行うのがおすすめです。

人気の住宅ローン【2022年07月最新】
三菱UFJ銀行 住宅ローン
● 最も利用者が多い人気ローン!14年連続No.1
● 申込から借入まで来店不要!口座なしでも申込可
● コンビニATMが24時間無料!お得に借りれる
繰上返済手数料 0円 事務手数料 0円
保証会社手数料 33,000円 団体信用生命保険料 不要
\簡単15分でWeb申込!/
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

住宅ローンの事前審査を不動産屋経由でお願いするのがお得?依頼するメリット・デメリット・住宅ローン代行手数料の相場料金をご紹介!
事前審査を不動産屋経由で申し込めば手続きの一部を代行してくれたり金利が優遇されるなどメリットがある…
年収450万円が借り入れできる住宅ローンの上限金額は?理想の借入金額と無理のない返済計画をご紹介
年収450万円で住宅ローンを組む場合、上限額はいくらになるのか、いくらまで借りれば無理なく返済できる…
年収400万円でも住宅ローンは借り入れ可能?借り入れ可能な限度額・生活に支障をきたさず返済するコツをご紹介!
年収400万円の方が住宅ローンを組む場合、いくらまで借り入れることができるのか?無理なく返済できる理…

特集記事

【2022年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイトおすすめランキング!不動産売却におすすめの人気33社を比較【2022年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…