TOP > リースバック > 住みながら売却のコツとは?住みながら家を売るメリット・デメリットと高額売却を成功させるコツ

住みながら売却のコツとは?住みながら家を売るメリット・デメリットと高額売却を成功させるコツ

【更新日】2023-12-18
このエントリーをはてなブックマークに追加
住みながら売却
本ページにはPRリンクが含まれます。
当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者から委託を受け広告収益を得て運営しております。

マンションや家の住み替えのため売却を検討している方の大きな悩みが「住みながら売るか、空き家にしてから売るか」です。

売却時は、マンション・家を商品として売り出すわけですから、空にしてから売った方が良さそうですが、実際のところはどうなのでしょうか。

この記事では、不動産売却時は「住みながら売る」のと「空にしてから売る」のではどちらが売れやすいのか解説します。

【2023年最新】大手不動産リースバック業者比較ランキング!おすすめ会社の口コミ徹底比較

住みながら売却するメリット

人気リースバック【2024年04月最新】
家まもルーノ
誰にもしられずに売却できる
一括でお金が手に入る!
● いつでも買戻し可能
提携業者数 100社以上 売却期間 最短5日
対象エリア 全国47都道府県 費用 無料
\1分で無料査定可能/

住みながら売却するメリットは次の4つです。

  • 予算管理がしやすい
  • 家の管理ができる
  • 購入後のイメージが湧きやすい
  • 魅力が伝えやすい

それぞれを詳しく見ていきましょう。

予算管理がしやすい

住みながら売却最大のメリットは、先に家を売却することができるため引っ越し先の家の料金などの予算管理がしやすい点です。

先に売却をしてから新居を購入する方法を売り先行といい、引っ越し先を先に購入する買い先行よりも資金調整が容易です。

空家売却 住みながら売却
長所 責任問題が無くなる 引っ越し先を見つける必要がある
短所 不動産資産がなくなる まとまった現金が手に入る

家の管理ができる

空き家のままであれば家の管理を行き届かせるのは難しいですが、住みながらの売却であれば自分の生活をする必要があるため、定期的な清掃や空気の入れ替えなどを行い家の管理をすることが出来ます。

家は誰かが利用しているよりも誰も利用していない期間が長いほど劣化が早くなります。

そのため住みながら売却であれば家の劣化を遅くすることが出来ます。

家の劣化や損傷が激しいと建物としての価値が下がり劣化して売却に繋がらなくなる恐れがあります。

家の売却を成功させるためにも家の管理を行き届かせるようにしましょう。

購入後のイメージが湧きやすい

実際に家に人が住んでいるので、購入希望者が内見をすると今の利用者がどのような形に部屋を利用しているかを見ることが出来るため、購入後のイメージが湧きやすいです。

購入後のイメージが付けば購入希望者は家という高額な物を購入する際の判断基準の一つにもなります。

ただし、整理整頓ができていない場合や清掃が行き届いていないなどの理由で売却することが出来なくなってしまう可能性もあるので注意しましょう。

また、不動産仲介を利用して住みながら家を売却する際は内見の対応をする必要があります。

内見は土日や祝日に希望する人が多いためせっかくの休日がなくなってしまう点にも注意が必要です。

魅力が伝えやすい

実際に住んでいる人からの魅力が伝えられることで、自分が家を購入した際の生活の想像が容易になります。

家だけでなく、買い物や周囲の利便性・交通面などの実際に住んでいる人しか知りえない情報などを聞くことが出来ます。

家を購入する際に入念な下調べをしたとしても、住んでいる人の言葉の方が重視することができます。

無料査定依頼
公式サイトはこちらから!

住みながら売却するデメリット

住みながら売却するデメリットについて紹介します。

  • 土日に内覧予定が入る
  • 清潔感を保つ必要がある
  • スケジュール管理が必要

それぞれを詳しく見ていきましょう。

土日に内覧予定が入る

住みながら売却の場合は実際に現に今、その家を利用している状況で家を売りに出す必要があります。

そのため家の購入希望者が家の内覧を申し込んできた際は対応をする必要があります。

利用する不動産業者によっては、内覧の対応をしてくれる企業もありますが、住んでいる家の場合は自分がいない状態で見られたくないところや触られたくないものもあるはずです。

そのためせっかくの休日が内覧の対応に追われてリフレッシュなどに利用することが出来なくなってしまう可能性があります。

清潔感を保つ必要がある

住みながら売却では家の清潔感を保つ必要があります。

自分が住んでいる際は気にならないレベルであっても内覧者によっては清掃が行き届いていないことが原因で家の購入をちゅうちょする人もいます。

そのため常日頃から整理整頓を心掛け清潔感を保った状態にする必要があります。

仕事が忙しいタイミングで家の清掃や整理整頓が行き届かない期間であっても内覧予定が入ってしまった際は清掃が必要で時間や生活に追われてしまう可能性があります。

スケジュール管理が必要

交通の便が良い・利便性が高い・不動産としての価値が高い物件であると内覧希望が多発したりしてしまうのでスケジュール調整をする必要があります。

また、内覧の対応だけでなく自分の予定や家族がいる場合は、家族のための日も設ける必要があるため、予定が詰まってしまいます。

個人で全ての管理をするのは難しいので利用する不動産業者と密に連絡を取って、スケジュール管理をするようにしましょう。

住みながら売却を成功させるコツ

住みながら売却を成功させるためには次の9つのコツを抑えておくようにしましょう。

  • 相場価格を事前に調べる
  • スケジュール管理をする
  • 内覧対応を丁寧にする
  • 清掃を心がける
  • 新居探しも同時に進める
  • 臭い対策をする
  • 資料を準備しておく
  • 内覧者だけの時間を設ける
  • 依頼する不動産会社数を増やす

それぞれを詳しく見ていきましょう。

不動産の買い替え特例のメリットとは?基本無いよう・条件と利用するデメリット・リスクを紹介
無料査定依頼
公式サイトはこちらから!

相場価格を事前に調べる

住みながら売却だけでなく家やマンションを売却する際に最も大切なのは価格相場を事前に調べておくことです。

不動産業界には悪徳な不動産業者がいます。

家を安値で買い取られてしまったりし本来であれば手に入る利益が最小化してしまうので事前に相場価格をしらべた上で、家を売却に出すようにしましょう。

不動産一括査定サイトであれば複数の不動産業者に一度の申込で査定をしてもらうことが出来るので、面倒な手間なく相場価格を無料かつネット完結で調べることが出来ます。

1つだけでなく複数の不動産会社から査定してもらうことが出来るので、査定価格の平均値や中央値を出せるので悪徳な不動産業者はいるかどうかが簡単に判断することが出来ます。

スケジュール管理をする

短期間で不動産を売却する事は出来ず、長期間のスケジュール管理をする必要があります。

家の査定、不動産業者との系や稀有、売却の方法、引っ越し先の選定、様々な状況を総合的に判断してスケジュールを調整する必要があります。

不動産は税金がかかるので所有しているタイミングによっては固定資産税などを支払う必要も生まれてくるため売却のタイミングはしっかりと見計らい、いつまでに引き渡すかなどの詳細を詰めて予定を組む必要があります。

内覧対応を丁寧にする

家の魅力が十分にあっても今の家の持ち主の対応が不適切である場合は購入の意欲がそがれてしまい売却が出来なくなる可能性があります。

家の購入を検討するために内覧に来てくれた人に対しては誠実に丁寧に対応をするようにしましょう。

この際に上っ面の良い所だけをアピールするばかりでは、信頼を得ることが出来なくなってしまうので本音で話しをしましょう。

プラスな面だけでなくマイナスな面も正直に話す人であれば、購入希望者からの信頼を得ることが出来、売却もスムーズに進めることが出来ます。

清掃を心がける

住みながら売却では清掃をしっかりと行う必要があります。

整理整頓・清掃が行き届いた家であれば購入希望者の目には綺麗な家と映ります。

そのため、購入意欲が刺激され売却成功にしっかりと繋げることが出来ます。

庭付き一戸建ての場合は、家の中だけでなく庭なども可能な限り整理整頓・清掃を行ってより良い第一印象を与えられるようにしましょう。

新居探しも同時に進める

住みながら売却の場合は、自分の家を売ることだけ考えていては成功させることは難しいです。

家を売却した後に住む新居探しも同時に進める必要があります。

予算管理やスケジュール管理を同時にすることが出来れば住みながら売却を成功させることが出来ます。

タイミングによってはスケジュールが詰まってしまい忙しい時期も生まれてしまいまいますが、住みながら売却を成功させるためにも踏ん張りどころです。

臭い対策をする

見た目だけでなく臭い対策もする必要があります。

どんなに見た目が良くても悪臭や嫌な臭いがこびりついている家では、売却を成功させることが出来ません。

整理整頓・清掃を行う際は匂いについても確認をしましょう。

匂い対策をする際は香り付きのものでは人によっては苦手なえ匂いなどもあるので、無香料のものを利用するようにしましょう。

資料を準備しておく

家の魅力を充分に伝えることで売却できる可能性を高めることが可能です。

周辺の良いお店や、バス停・駅までの道のり、住んでいる人しか知らない情報等を資料として事前に準備して内覧者に渡すことで、よりその家が魅力的に映るようにすることが出来ます。

資料の準備には手間がかかってしまったり、資料作成に自信がない場合は利用している不動産業者に相談をしてみましょう。

中には資料を代わりに作成してくれる不動産業者もいます。

内覧者だけの時間を設ける

住みながら売却の場合は、住んでいる人が立ち会う・不動産業者が立ち会うことが多いですが、内覧者だけの時間を作ることも大切です。

立ち合い者がいることで、内覧者が自由に内覧をすることが出来ず確認したかったのにできなかったなんてことが生まれてしまいます。

そのため短時間でも良いので内覧者だけで家を確認することが出来る時間を設けるようにしましょう。

依頼する不動産会社数を増やす

不動産仲介・不動産買取どちらを利用するかによって売却方法は大きく異なりますが、1つだけの不動産業者に依頼するのではなく必ず複数の不動産業者を利用するようにしましょう。

複数の不動産会社を利用することで査定額が高くなったリより多くの不動産業者に売却をすることが出来るようになります。

ただし、不動産仲介の場合は契約方法によっては複数の業者に依頼をすることが禁止になる場合があるので注意が必要です。

また不動産買取の場合は、不動産一括査定サイトを利用することで1度の査定依頼で複数業者に査定を依頼することが出来ます。

住みながら売却ならリースバック・リバースモーゲージがおすすめ

人気リースバック【2024年04月最新】
家まもルーノ
誰にもしられずに売却できる
一括でお金が手に入る!
● いつでも買戻し可能
提携業者数 100社以上 売却期間 最短5日
対象エリア 全国47都道府県 費用 無料
\1分で無料査定可能/

住みながら売却ではリースバック・リバースモーゲージも活用することが出来ます。

  リースバック リバースモーゲージ
まとまった資金の有無 可能 不可
滞在期間 3年ほど 債務者が死ぬまで
年齢制限 なし あり
年収制限 なし あり
資金の使い道 自由 制限あり
売却可能物件の種類 マンション・一戸建て 土地価格が高い一戸建て
メリット 利用条件が緩い
短期間でまとまった資金が得られる
固定資産税の納税義務がなくなる
高齢でも借り入れが可能
住宅を手放さずに資金調達ができる
デメリット 毎月家賃を納める必要がある
通常売却よりも安価で買取される
売却を前提に話が進む
融資限度額がある

それぞれを詳しく見ていきましょう

リースバックとリバースモーゲージの違いを比較!どちらを活用するのがおすすめ?

リースバックとは

今住んでいる家を投資家や不動産会社に売却して、同じ家を賃貸住宅にして住み続ける方法をリースバックと呼びます。

もともとは参議用機械や設備などの固定資産を売却した後も、借りて機械や設備を使用するという用法から来ており、それを不動産売買に応用したのがこの方法です。

家を売却することで売主の手元には売却資金が振り込まれますが、家の所有権は不動産業者にあるので自分の資産ではなくなってしまいます。

また相場よりも家賃が高くなる傾向があります。

リースバックの仕組みとは?メリット・デメリット・注意点をわかりやすく解説

リバースモーゲージとは

リバースモーゲージは、今住んでいる家を担保に銀行などの金融機関から融資を受ける方法です。

存命中に借りた分で発生した利息分を支払い、債務者が死亡した後に担保にしている住宅を売却して、元本を返済するという仕組みを取ります。

住みながら売却が向いている人

住みながら売却が向いている人の特徴は次の3点です。

  • 物が少ない人
  • 在宅時間が長い人
  • 家の中を他人に見せることに抵抗がない人

それぞれを詳しく見ていきましょう

物が少ない人

住みながら売却の場合は、購入希望者が家を見た際の第一印象がとても大切です。

物が多く整理整頓・清掃が行き届いていない家の場合は売却を成功させるのが難しいです。

そのため、もともと家に置いておくものが少ない人の場合は整理整頓・清掃の手間が少なく売却を成功させられる可能性が高いです。

無料査定依頼
公式サイトはこちらから!

在宅時間が長い人

住みながら売却の場合はスケジュール管理がとても大切で対応を求められることがあります。

在宅時間が長い人であれば隙間時間等を利用して内覧の対応や、不動産業者とのスケジュール調整をすることが出来ます。

家に居る時間が短い人の場合は対応が難しい可能性もあります。

内覧者が多い方が売却できるチャンスも多いです。

家の中を他人に見せることに抵抗がない人

住みながら売却の場合は、他人に見られたくないもの、そもそも他人を自分の家にあげたくない人もいます。

そのような場合は住みながら売却には向いていません。

自分の家に他人を招くことや家の中を見られることに抵抗が無い人が住みながら売却に向いています。

住みながら売却成功の鍵は事前準備

住み替えは、予想しているよりも多くの費用がかかります。

そのため事前にスケジュール調整や予算の管理などの事前準備を入念にしておく必要があります。

また利用する不動産会社によって住みながら売却が成功するかが異なります。

住みながら売却を成功させるためにも事前準備をしっかりと行い余裕を持って売却を進めるようにしましょう。

人気リースバック【2024年04月最新】
家まもルーノ
誰にもしられずに売却できる
一括でお金が手に入る!
● いつでも買戻し可能
提携業者数 100社以上 売却期間 最短5日
対象エリア 全国47都道府県 費用 無料
\1分で無料査定可能/
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

【青森県】おすすめの人気リースバックを紹介!おすすめ業者の特徴や魅力も解説

戸建て住宅やマンションなどの不動産を購入するときに組んだ住宅ローンの返済や固定資産税や修繕費用…

【熊本】おすすめの人気リースバックを紹介!おすすめ業者の特徴や魅力も解説

住宅売却と新たな生活をスムーズに連携するリースバックの選択は、一見難しく思えるでしょう。

【石川県】おすすめの人気リースバックを紹介!おすすめ業者の特徴や魅力も解説

リースバックは、仲介売却や業者買取といった売却方法とは異なり、不動産を売却した後、賃貸としてそ…

【茨城県】おすすめの人気リースバックを紹介!おすすめ業者の特徴や魅力も解説

リースバックは、今住んでいる住宅を売却した後、賃貸として住み続けられる売却方法です。

不…

特集記事

【2024年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
【2024年最新】大手不動産リースバック業者比較ランキング!おすすめ会社の口コミ徹底比較
リースバック業者ランキングを紹介!口コミ・内容を比較して人気の会社をランキング形式で紹介していきま…
【2024年最新】不動産一括査定サイトおすすめ比較ランキング!不動産売却におすすめの人気16社を厳選紹介
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
不動産売却とは?不動産を売るなら読むべき鉄則
不動産売却を行う理由は多岐に渡り、売却方法も理由や事情などに合わせて選んでいく必要があります。 ま…
pmark image
お客様の個人情報保護のため、プライバシーマークを取得しております。
個人情報を適正に取り扱うことができる企業のみ認定されてる制度です。