TOP > 不動産その他 > 不動産テック > JIBUN HAUS.株式会社にインタビュー!WARP HOMEの魅力・特徴を聞いてみた

JIBUN HAUS.株式会社にインタビュー!WARP HOMEの魅力・特徴を聞いてみた

【更新日】2023-12-12
このエントリーをはてなブックマークに追加
JIBUNHAUS.,WARP HOME
本ページにはPRリンクが含まれます。
当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者から委託を受け広告収益を得て運営しております。

今回は、JIBUN HAUS.株式会社「WARP HOME」についてインタビューをさせていただきました。

JIBUN HAUS.株式会社は、“暮らしを変える、未来をつくる”というビジョンを抱えています。

生活者とつくり手の間に生じる問題を先進技術で解決してより良い世界を作ろうとしていることを今回のインタビューで感じました。

ご協力いただきましたJIBUN HAUS.株式会社様ありがとうございました。

JIBUN HAUS.の会社概要

WARP HOME
社名 JIBUN HAUS.株式会社
設立 2016年2月1日
代表取締役会長
代表取締役社長
内堀孝史
内堀推平
本社所在地 東京都港区西麻布2-20-16
公式HP https://warphome.jp/

Q1.WARP HOMEの魅力はなんですか?

JIBUN HAUS.株式会社で培ったノウハウを誰でも使えるようにしたクラウド型のプレゼンテーションツールです。

集客から商談までのプロセスを効率化・最大化させ、営業のスキルによらず商品の魅力を提案することができます。

共働きで忙しい人も時間をかけることなく、その場で適切な営業をうける事ができます。

Q2.WARP HOMEの最大の特徴は何ですか?

商品の魅力を短時間で最大限にアピールできる点です。

従来の住宅販売は、土地決定や建物の選定で多くの時間がかかっています。

共働きの世帯が増えている中で、打合せを重ねることが負担になってしまうこともあります。

その間に家を購入する熱意が冷めてしまう方もいらっしゃるでしょう。

WARP HOMEでは建物、土地の一元管理が可能で、登録した土地・建物内の条件検索も可能なため、提案を行うための下準備を効率化することが可能です。

1回の来店で最適な提案を行うことができることは、お客様にとっても工務店にとっても負担がなく、より良い家づくりの手助けになると思っています。

WARP HOME

Q3.WARP HOMEを開発するに至った経緯は何ですか?

WARP HOMEの機能はもともとJIBUN HAUS.の営業ツールとして使用していました。

工務店に加盟の営業をしている際に「自社の商品がある。JIBUN HAUS.株式会社に加盟でなく、自社の商品を提案するツールが欲しい」 と言われたのが他社向けのサービスとして展開する切っ掛けでした。

JIBUN HAUS.株式会社の持っている機能を使って、工務店の持っている商品の魅力を最大化できればと考え、クラウドをツール化しました。

Q4.このWARP HOMEをどのような人に利用してもらいたいですか?

営業の方ですね。

私自身が、営業を行うための準備に時間をかけ、自分の生活がおざなりになってしまった過去があります。

しかも、しっかりと準備したにも関わらず成約に繋がらないこともありました。

ライフスタイルを提案する側が自分の生活をおろそかにすることは、家を購入したい人にとっても良くありません。

WARP HOMEを使って時間を効率的に使い、お客様への魅力的な提案はもちろん、営業自らの生活をよりよいものにしていただきたいです。

Q5.WARP HOMEを利用する際の注意点は何ですか?

WARP HOMEはあくまでもツールなので、ハードとして利用をしてもらう必要があります。

要するに、WARP HOME自体は魅力的なツールであって、お客様が欲しい家ではありません。

お客様が購入を希望するような魅力的な商品は各つくり手が考える必要があります。

魅力的な商品であれば、WARP HOMEを使う事で、その魅力を最大限にお客様に届ける事ができます。

Q6.WARP HOMEの開発に困ったことや開発中に起きたストーリーは何かありますか?

実は、どんな名前にするかでとても困った背景があります。

WARP HOMEの前は「light」など通算で4回くらい名前を変えています。

WARP HOMEの「WARP」には、SF映画で見る光の速さで「瞬間移動する」ような感覚を込めています。

お客様の要望に合わせた家のシミュレーションを、瞬時にプレゼンできることから、 お客様にとっては未来の家が現実に近い形で見られる、営業にとっては、みせたいものを瞬時に見せられるという両方の意味でワープするという思いが込められています。

スピード感を持って、従来の住宅営業の無駄をカットし、スムーズなプレゼンテーションを実現することが可能になるという価値観を凝縮した名称です。

Q7.最後に一言

WARP HOMEには特許を取得しているビジネスモデルがあります。

工務店の持っている土地と建物をマッチングさせる「土地・建物自動マッチング」というものです。

WARP HOMEを使えば、お客様の初回来店で土地と合わせて建物提案することができ、長引きがちな土地検討がスムーズに行えるため契約スピードを各段にUPすることができます。

自動マッチングの結果はワンボタンでパンフレット化することが可能なので、資料制作の手間も省けます。

JIBUN HAUS.株式会社は、そんな裏側の技術力・システムにも強い会社です。

少しでも興味を持った方は、下記からWARP HOMEの資料を送付しています。

無料トライアルも実施をしていますのでぜひお問い合わせください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

特集記事

不動産売却とは?不動産を売るなら読むべき鉄則
不動産売却を行う理由は多岐に渡り、売却方法も理由や事情などに合わせて選んでいく必要があります。 ま…
【2024年最新】大手不動産リースバック業者比較ランキング!おすすめ会社の口コミ徹底比較
リースバック業者ランキングを紹介!口コミ・内容を比較して人気の会社をランキング形式で紹介していきま…
【2024年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
【2024年最新】不動産一括査定サイトおすすめ比較ランキング!不動産売却におすすめの人気16社を厳選紹介
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
pmark image
お客様の個人情報保護のため、プライバシーマークを取得しております。
個人情報を適正に取り扱うことができる企業のみ認定されてる制度です。