TOP > 生活とお金 > キャッシング・ローン > おまとめローンの審査は甘い・ゆるい?通りやすい銀行・消費者金融はあるのか徹底検証

おまとめローンの審査は甘い・ゆるい?通りやすい銀行・消費者金融はあるのか徹底検証

【更新日】2024-02-27
このエントリーをはてなブックマークに追加
おまとめローンの審査は甘い?
本ページにはPRリンクが含まれます。
当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。
この記事の監修
大竹麻佐子

大竹麻佐子 ファイナンシャルプランナー(CFP)

証券会社、銀行、保険会社など金融機関での勤務を経て2015年FP事務所開業。

より豊かに自分らしく生きるためには「お金と向き合うこと」が大切との想いから、個別相談を中心に、執筆・講師として活動。

知識だけでない経験を踏まえたアドバイスとサポートを提供しております。

URL:https://fp-yumeplan.com/

おまとめローンは複数の借入を一本にまとめることができるので、複数社からお金を借りている人におすすめです。

しかし、おまとめローンは複数の種類があるため、どのカードローンに申し込めばいいか迷っている人も多いでしょう。

また、できる限り審査に通りやすいおまとめローンを探している人も多いはずです。

結論から言えば、おまとめローンの審査は甘くないので、条件によっては審査に通らないこともあります。

この記事では、おすすめの金融機関を紹介して、通るための条件や通りやすくする方法を解説します。

キャシング審査が甘い・ゆるい会社は存在する?即日でお金を借りれる消費者金融を徹底比較

おまとめローンの利用がおすすめの消費者金融

プロミス

プロミス
プロミス 項目
金利 年6.3%~17.8%
限度額 最大300万円
審査期間 最短3分※
即日融資 可能
最長返済期間 10年間

プロミスは大手消費者金融の中でも、上限金利が最も低いおまとめローンです。

最大金利が17.8%となっており、他の消費者金融が18.0%と比べるとお得です。

また融資額が高額になれば金利が下がり、月々の負担も楽になるメリットもあります。

ただし、プロミスのおまとめローンは、銀行カードローンやクレジットカードのショッピング利用額の一本化ができないので注意しましょう。

※リンク先はフリーキャッシング/レディースキャッシングの申込ページです。

最短3分※
プロミス審査申し込み

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコム

アコム
アコム 項目
金利 年7.7%~18.0%
限度額 最大300万円
審査結果連絡 最短20分
即日融資 可能
最長返済期間 13年7か月

アコムのおまとめローンは、ウェブ申し込みができるだけではなく、各地の自動契約機からも手続きが可能です。

利便性が高く、申し込みやすくなっているので、急いで手続きしたい人にはおすすめです。

申し込み当日に即日融資が受けられるので、午前中に申しこめば午後には融資が完了する点も魅力です。

返済完了までの期間も13年7か月と長くなっています。

最短30分
アコム審査申し込み

SMBCモビット

モビット
SMBCモビット 項目
金利 年3.0~18.0%
限度額 最大500万円
審査期間 10秒簡易審査
即日融資 可能
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
最長返済期間 13年4か月

SMBCモビットは、三井住友カード株式会社が提供するカードローンのブランドです。

※株式会社SMBCモビットは、2023年7月1日付で、三井住友カードを存続会社として合併しました。

返済する際にTポイントが貯まる点が特徴で、支払った利息200円につき1ポイントが貯まります。

Tポイントは返済にも利用できるため、支払い金額を少しでも減らしたい人におすすめです。

また借入できる限度額も500万円までと高めに設定されている点も魅力です。

SMBCモビットを初めて利用する人は、通常のカードローンで審査を受けてからおまとめローンに申しこむ必要があります。

WEB完結
SMBCモビット申込み

※おまとめローンご希望の方は申込後、オペレーターさんにご相談ください

ダイレクトワン

ダイレクトワン
ダイレクトワン 項目
金利 4.9%~18.0%
限度額 最大300万円
審査期間 最短即日
即日融資 可能
最長返済期間 最大120回(最長10年以内)

スルガ銀行グループに所属するダイレクトワンが提供している「お借り換えローン」は、銀行カードローンやクレジットカードリボ払いを一括にまとめられるおまとめローンです。

ローン申し込みは、専用ダイヤルからの受付のみ対応しており、審査通過後は、店頭窓口、あるいは、郵送された書類に署名することで契約が完了します。

即日融資対応となっていますが、これは、店頭窓口で契約をされた方のみになります。

また手続き完了後は、借入先に直接資金を送金しているので、利用者がおまとめ前の借入先に入金を済ませる必要がありません。

急な出費に
ダイレクトワン申し込み

レイクALSA

レイクALSA
レイクALSA 項目
金利 6.0%~17.5%
限度額 1万円~500万円
審査期間 最短60分
即日融資 可能
最長返済期間 最大120回(最長10年)

消費者金融のレイクALSAでは、銀行カードローンもおまとめローンの対象にできる「アルサdeおまとめ」という商品を利用することで、複数のローンを1つにまとめられます。

当商品は2021年の12月に提供し始めた商品になるので、現在は、新規顧客獲得に向けた動きを見せています。

また申し込みは、専用ダイヤルでのみ受け付けています。

アルサdeおまとめ専用ダイヤル

  • 「アルサdeおまとめ」専用フリーダイヤル: 01200-176-500
  • 営業10時30分~19時30分(日曜日は19時)

なお、当商品は他のレイクALSA取扱いの商品と併用ができないデメリットがあります。

三井住友カード カードローン

三井住友カード
三井住友カード カードローン 項目
金利 1.50%〜15.0%
限度額 最大900万円
審査期間 最短5分
即日融資 可能
最長返済期間 最大181回(最長15年1ヵ月)

「三井住友カード カードローン(カードタイプ)」は、利用枠50万円からの申込かつ所定の時間内に手続きを済ませると最短5分でローンカードを発行してくれます。

最短5分でカードを受け取る方法

  • 9時~19時30分までに申し込みを済ませる
  • Web経由で支払い口座を登録
  • 即時発行申し込み
  • 審査完了後アプリから借入可能

金利は、最大15%ですが、返済実績に応じて年に1度金利が0.3%ずつ下がっていく優遇措置が設けられています。

なお、「三井住友カード カードローン(カードタイプ)」は、カードロ

SMBCモビット おまとめローン

SMBCモビット おまとめローン
SMBCモビット おまとめローン 項目
金利 500万円
限度額 3.0%~18.0%
審査期間 翌営業日以降
即日融資 不可
最長返済期間 最長160回

SMBCモビットは2022年の2月末日から、おまとめローンの提供を開始しました。

利用できるのは、SMBCモビットに入会している既存会員限定になりますが、複数社のローン返済を一本できます。

さらに、返済毎にTポイントが貯まっていき、支払った利息200円に付き1Ptずつ貯まっていき、貯まったTポイントで返済も可能です。

オリックス・クレジット VIPフリーローン

オリックス・クレジット VIPフリーローン
オリックス・クレジット VIPフリーローン 項目
金利 3.0%~14.5%
限度額 100万円~800万円
審査期間
即日融資 不可
最長返済期間 1年~8年/12回~96回

オリックス・クレジットが提供しているVIPフリーローンは、消費者金融系の中では、トップクラスの低金利で貸し付けができ、おまとめ対象にできるローン商品の種類が幅広いです。

ただし、貸付の下限額が100万円からになっているため、利用できる方が限定されているのに加えて、審査基準が他社よりも厳しく見られています。

おすすめの銀行系おまとめローン

前節で、おまとめローンが利用できる消費者金融を7社紹介しました。

実のところ、複数のローンを1本化する方法は、おまとめローン以外にもあります。

そのような方法が利用できるのが、銀行系が提供しているローンサービスです。

おすすめの銀行系おまとめローン

  • 三菱UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 楽天銀行
  • auじぶん銀行
  • 横浜銀行
  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • 東京スター銀行
  • 千葉銀行
  • ソニー銀行

三菱UFJ銀行 バンクイック

三菱UFJ銀行
三菱UFJ銀行 項目
金利 1.8%~14.6%
限度額 最大500万円
審査期間 最短翌営業日
即日融資 不可
最長返済期間 35日ごとのご返済

三菱UFJ銀行が提供している「バンクイック」は、カードローンの1種になりますが、事業資金以外の利用目的であれば、おまとめローンとしての利用も可能です。

とはいえ、カードローンの1つである以上、総量規制の1/3に達していないことが利用条件になります。

「バンクイック」は、三菱UFJ銀行の口座を開設していない方でも利用ができるカードローンです。

セブンイレブンやローソンなどのコンビニATM~基本無料で返済と借り入れが行えます。

りそな銀行 フリーローン

りそな銀行
りそな銀行 項目
金利 6.0%~14.0%
限度額 10万円 ~ 500万円
審査期間 最短翌営業日
即日融資 不可
最長返済期間 最長10年(最大120回)

りそな銀行が提供している「フリーローン」は、おまとめローンではありませんが、事業資金以外の利用で使えるうえ、1度の振り込みでまとまった資金が得られる点から、ローンの1本化に最適です。

申し込みもWeb完結型なので、店頭窓口でローン契約を交わす必要がありません。

さらに、同一口座でりそな銀行の住宅ローンを組んでいる方なら、0.5%の金利引き下げが行われます。

楽天銀行 楽天銀行スーパーローン

楽天銀行
楽天銀行 項目
金利 1.9%~14.5%
限度額 最大800万円
審査期間 最短当日
即日融資 不可
最長返済期間

楽天銀行が提供している「楽天銀行スーパーローン」は、返済額の見直しを目的として利用を推奨しているカードローンです。

複数のローンを組んでいても、ローンの申し込みが行えて、審査を通過すれば、1.9%~14.5%の範囲内で金利が適用されます。

現在、楽天会員に新規加入し、スーパーローンを利用された方に限り、金利0.95%~7.25%で返済ができるキャンペーンを実施しています。

auじぶん銀行 借り換えコース

 auじぶん銀行
auじぶん銀行 項目
金利 0.98%〜12.5%
限度額 100万円~800万円
審査期間 最短翌日
即日融資 不可
最長返済期間

auじぶん銀行が提供しているカードローン「借り換えコース」では、複数のローンを一本化した時の借入総額が100万円を超えたら利用できるおまとめローンです。

あくまでおまとめ・借り換え専用の商品になるので、それ以外の利用使途では申し込みはできません。

またau会員の方が当商品を利用した場合、年利が最大0.5%優遇されるだけでなく提携を組んでいるATMからの振込手数料が無料になるなど、様々な特典が付いてきます。

横浜銀行 カードローン

横浜銀行 カードローン
横浜銀行 カードローン 項目
金利 1.5〜14.6%
限度額 10万円~1,000万円
審査期間 1日
即日融資 不可(最短翌日融資)
最長返済期間 1年ごとに自動更新

横浜銀行では、「おまとめローン」といった借換え商品は取り扱っておりませんが、返済管理の一本化に適したカードローンを提供しています。

24時間Web申し込みができ、結果が出るまで最短1日を要しますが、契約のタイミングで希望額が申込者の銀行口座に振り込まれます。

ただし横浜銀行は、地域住民へのサービスに特化した地方銀行になるため、神奈川県を本拠地としている方を中心に、東京都内全地域、群馬県の一部エリアに居住されている方のみが利用できます。

イオン銀行 カードローン

イオン銀行 カードローン
イオン銀行カードローン 項目
金利 3.8~13.8%
限度額 10万円〜800万円
審査期間
即日融資 不可
最長返済期間 1年ごとに自動更新

イオン銀行では、メガバンクや地方銀行が休業になる土日祝日でもローン審査を行ってくれます。

当銀行では、おまとめローンや借り換えローンといった借り入れローンの一一本化ができるローン商品を取り扱っていませんが、カードローンを利用することで、複数個所からの借入を一本化できます。

例えば、カードローンの借入額が400~490万円であれば、最低金利が13.8%~8.8%まで引き下げられます。

低金利で一本化ができるうえ、蛮行系の中では融資スピードと適用金利の2つが非常に優れます。

セブン銀行 カードローン

セブン銀行 カードローン
セブン銀行カードローン 項目
金利 12.0%~15.0%
限度額 10万円~300万円
審査期間
即日融資 不可(最短翌日)
最長返済期間 1年ごとに自動更新

セブン銀行が提供しているカードローンは、おまとめローンとして利用できると同時に、全国のセブン銀行ATMから借り入れと返済が24時間365日いつでも行えます。

使い勝手の面では、どの金融機関よりも優れているといっても過言ではありません。

またセブン銀行ATMから返済かを行えば、借り入れ時や返済時に発生する手数料が抑えられます。

東京スター銀行 スターワン乗り換えローン

東京スター銀行 スターワン乗り換えローン
東京スター銀行 スターワン乗り換えローン 項目
金利 9.8〜14.6%
限度額 30万円~1,000万円
審査期間
即日融資 不可
最長返済期間 最長10年

東京スター銀行では、「スターワン乗り換えローン」というおまとめローンを提供しています。

当商品は、勤続年数問わず、働き始めたばかりの方や転職直後の方でもローンの借り換えができます。

また所定の条件を満たしていれば、非正規雇用の契約社員や派遣社員でも借り換えができます。

ただし、審査厳格化のため、アルバイトやパートなど、月収入が少ない方は貸付の対象にはなりません。

千葉銀行 ちばぎんフリーローン

千葉銀行 ちばぎんフリーローン
千葉銀行 ちばぎんフリーローン 項目
金利 1.7%〜14.8%
限度額 10万円〜800万円
審査期間
即日融資 不可
最長返済期間 最長15年

千葉銀行では、最長15年にも及ぶ返済期間が設けられるおまとめローン「ちばぎんフリーローン」という商品を提供しています。

長くても10年までを最長の返済期間にしているところが多い一方、千葉銀行では、その期間からさらにプラス5年延長した期間まで返済ができます。

ただし、利用ができるのは、千葉県全域を含めた東京都、埼玉県、茨城県全域に加えて神奈川県一部地域に限られます。

ソニー銀行カードローン

ソニー銀行カードローン
ソニー銀行カードローン 項目
金利 2.5~13.8%
限度額 10万円~500万円
審査期間
即日融資 不可
最長返済期間 1年ごとに自動更新

大手ネット銀行であるソニー銀行では、カードローンを介して複数個所から借り入れているローンの一本化ができます。

カードローンの利用者に対して、借入の契約の過程で口座開設が同時に行える取り組みを行っているので、ソニー銀行の口座を持っていない方でも気軽に申し込みが行えます。

りそな銀行や他社同様、おまとめローンの代わりとして利用できる金融商品になりますが、低金利で利用しやすい側面を持っています。

おまとめローンの審査は甘くない

おまとめローンの審査は、一般的な銀行カードローンや消費者金融カードローンに比べて厳しめに設定されています。

おまとめローンは複数のローンをまとめることができる反面、融資額が100万円を超えることもあります。

そのため、返済能力が低いと判断された人は審査を通過することができません。

おまとめローンを検討している人も、必ず借りられるとは限らないので気を付けましょう。

銀行のおまとめローンは審査が特に厳しい

銀行のおまとめローンは特に審査が厳しくなっています。

銀行は金融庁からの指導により、返済能力が低い人には貸さないからです。

また銀行のおまとめローンは低金利なため、返済できない人がいると銀行の損失が大きくなってしまうので審査も厳しめになっています。

以前に銀行カードローンの過剰融資で自己破産者が急増したケースもあり、銀行系のおまとめカードローンは慎重に審査を行っている状況です。

消費者金融のおまとめローンも審査が厳しい

銀行のおまとめローン審査に比べると、消費者金融のおまとめローンは審査が甘いですが、通常に比べると厳しく設定されています。

消費者金融のおまとめローンは、「借入が年収の3分の1まで」の例外となるローンです。

そのため、返済能力に問題がない場合は、3分の1以上の融資が受けられます。

しかし、返済する金額自体は増えるため、審査は厳しくなっています。

おまとめローン審査は通らないが、通常のカードローンの審査は通るケースも多々あるので、事前に条件は確認しておきましょう。

おまとめローンの審査に通るための条件

おまとめローンは、現在借入れているローンを1本化して返済がしやすい状態にしてくれます。

しかし、1本化しても、返済そのものが困難であったり、1本化しても返済額を用意するのが難しいと判断されれば、借入はできません。

加えて、債務者の信用情報や返済状況の良し悪しなど、通常の借入時にチェックされる審査基準も、おまとめローンでは見られます。

おまとめローンの審査に通るための条件

  • 信用情報に傷がないこと
  • 他社からの借入が3社以内であること
  • 他社借入の返済状況が良好であること

ここでは、おまとめローンの審査を通過する必要最低限の条件を3つ紹介します。

信用情報に傷がないこと

おまとめローンの審査を通過するための重要な要素の一つは、信用情報に傷がないことです。

信用情報とは、ローン、クレジットカードなどといった個々の信用取引の履歴を含む情報で、債務者が貸主に対して信頼性を示すために使われます。

信用情報が良好であれば、借り手が過去の債務を適切に管理し、責任を持って返済したことを示します。

過去に支払い遅延や債務不履行があると、これが信用情報に記録され、おまとめローンの審査に悪影響を及ぼします。

また債務整理や代位弁済履歴、61日以上の返済遅延があると、金融事故として処理され、5~10年もの間、記録されます。

このため、信用情報を良好に保つことは、審査に通過するための重要なステップです。

他社からの借入が3社以内であること

次に、他社からの借入が3社以内であることです。

これは、多数の貸金業者から借り入れを行っていると、借り手が過度な債務を抱えている可能性があり、それが返済能力に影響を及ぼすと見られるためです。

また、多数の業者からの借入があると、それぞれの返済状況を一貫して管理するのが難しくなります。

したがって、借入先を3社以内に抑えることは、返済能力を証明し、返済の見通しを立てやすくするための重要な条件となります。

他社借入の返済状況が良好であること

他社からの借入の返済状況が良好であることも、おまとめローンの審査に通過するための要素です。

これは、既存の債務の返済履歴が、新たな貸出の際に貸主にとって重要な参考情報となるためです。

借り手が他社からの借入を適切に返済しているという事実は、その人が責任感のある借り手であり、新たなローンに対する返済能力があることの証明になります。

一方、返済できないほどの困窮に見舞われている場合や、返済計画が立てられないなどの状況にあると、貸し倒れのリスクがあるものとみなされ、審査に落ちる可能性がグッと高まります。

借入先から、返済能力があるものとみなされるためにも、半年以上もの返済実績を作ってから申し込むのが得策です。

おまとめローンの審査でみられるポイント

おまとめローンの審査でみられるポイントとしては、次の6つが重要です。

  • 返済能力の有無
  • 勤続年数は短すぎないか
  • 家族構成(本人以外に対処できるか)
  • 滞納履歴が問題ないか
  • 債務整理がないか
  • 金融機関やローン会社にデータがないか

以下にそれぞれのポイントを解説します。

返済能力の有無

返済能力は、ローンの審査で最も重要視されるポイントの1つです。

申請者の所得、職業、年齢などから返済能力を判断します。

所得が安定していて、生活費やその他の債務を支払った上で、新たに借入れを返済できるだけの余裕があるかどうかを確認します。

所得証明書を提出することが必要なケースがほとんどです。

勤続年数は短すぎないか

勤続年数は、申請者の就労状況の安定性を示す重要な指標です。

一般的には、勤続年数が長ければ長いほど、その職場での安定性が高いとみなされ、信頼性が増します。

転職したてで勤続年数が短いと、返済能力が低いと判断され審査に通りにくくなる可能性があります。

家族構成(本人以外に対処できるか)

家族構成もローン審査の重要なポイントです。

特に家族の中に扶養家族がいる場合、返済能力に影響を与えると判断される可能性があります。

一方で、配偶者の収入が安定している場合、それが返済能力の一部とみなされ、審査のプラスポイントとなることもあります。

滞納履歴が問題ないか

滞納履歴は、過去の債務履行能力を示すもので、これが問題ないかどうかは、大きな審査ポイントとなります。

信用情報機関に登録された滞納情報があると、返済意欲や返済能力が不十分とみなされ、審査で不利に働く可能性があります。

債務整理がないか

過去に債務整理(個人再生、自己破産、任意整理など)を行った記録があるかどうかも、審査の重要なポイントです。

債務整理の記録がある場合、その事実が信用情報機関に登録され、一定期間、新たな借入れが制限されます。

金融機関やローン会社にデータがないか

金融機関やローン会社は、顧客の信用情報を信用情報機関に報告します。

他の金融機関での借入れ状況や返済履歴などが審査に影響を与えます。

複数の金融機関から多額の借入れがあると、返済能力が低いと判断される可能性があります。

おまとめローンの審査に通りやすくする方法

おまとめローンの審査に通りやすくする方法は、次の4つです。

  • 金利の高いおまとめローンを選ぶ
  • 借金がまとめられる金融機関を選ぶ
  • 年度末に申しこむ
  • 現在借入している金融機関に相談する

おまとめローンの審査は厳しいですが、少し工夫すれば審査に通りやすくなるので実践してみましょう。

以下にそれぞれの方法を解説します。

金利の高いおまとめローンを選ぶ

おまとめローンを選ぶ際は、金利の高いおまとめローンの方が審査に通りやすくなっています。

金利が低いローンでは、金融機関側の貸し倒れリスクが高くなってしまうので、審査が厳しくなりがちです。

金利が低ければ返済も楽になりますが、審査を通過できなければそもそもおまとめローンが利用できないので意味がありません。

また多少金利が高くても、現在の複数社から借りている状態よりも合計の返済額が下がるケースもあります。

返済額を計算したうえで、できるだけ審査が甘い金融機関のおまとめローンを利用するのがおすすめです。

借金がまとめられる金融機関を選ぶ

おまとめローンは、借金が全てまとめられるわけではありません。

消費者金融系のおまとめローンでは、貸金業者からの借入しかまとめられないケースがあります。

銀行カードローンもまとめたいのであれば、まとめられる金融機関を選びましょう。

消費者金融の中ではアイフルがまとめられる範囲が広いためおすすめです。

年度末に申しこむ

消費者金融系のカードローンでは、一般的に年度末になると審査が通りやすいと言われます。

消費者金融も営利目的の企業のため、年度内に目標を達成するため、決算日直前に申しこめば多少審査が甘くなるからです。

しかし、あくまで審査が甘くなりやすいというだけで、ブラックの人や返済能力がない人が審査に通るわけではないので注意しましょう。

時期が合えば年度末を狙って申し込む、くらいに考えておきましょう。

現在借入している金融機関に相談する

おまとめローンについて、現在借入している金融機関に相談する方法があります。

過去に返済遅延などがなければ、金融機関から返済能力を認められて1本にしてもらえる可能性があります。

審査に通りやすい消費者金融系でなくとも、おまとめローンが利用できるケースもあるので、まずは一度相談してみましょう。

特に返済実績がいい人や借入している会社が少ない人におすすめです。

おまとめローンの審査に通りやすくする方法は、次の4つです。

  • 金利の高いおまとめローンを選ぶ
  • 借金がまとめられる金融機関を選ぶ
  • 年度末に申しこむ
  • 現在借入している金融機関に相談する

おまとめローンの審査は厳しいですが、少し工夫すれば審査に通りやすくなるので実践してみましょう。

以下にそれぞれの方法を解説します。

金利の高いおまとめローンを選ぶ

おまとめローンを選ぶ際は、金利の高いおまとめローンの方が審査に通りやすくなっています。

金利が低いローンでは、金融機関側の貸し倒れリスクが高くなってしまうので、審査が厳しくなりがちです。

金利が低ければ返済も楽になりますが、審査を通過できなければそもそもおまとめローンが利用できないので意味がありません。

また多少金利が高くても、現在の複数社から借りている状態よりも合計の返済額が下がるケースもあります。

返済額を計算したうえで、できるだけ審査が甘い金融機関のおまとめローンを利用するのがおすすめです。

借金がまとめられる金融機関を選ぶ

おまとめローンは、借金が全てまとめられるわけではありません。

消費者金融系のおまとめローンでは、貸金業者からの借入しかまとめられないケースがあります。

銀行カードローンもまとめたいのであれば、まとめられる金融機関を選びましょう。

消費者金融の中ではアイフルがまとめられる範囲が広いためおすすめです。

年度末に申しこむ

消費者金融系のカードローンでは、一般的に年度末になると審査が通りやすいと言われます。

消費者金融も営利目的の企業のため、年度内に目標を達成するため、決算日直前に申しこめば多少審査が甘くなるからです。

しかし、あくまで審査が甘くなりやすいというだけで、ブラックの人や返済能力がない人が審査に通るわけではないので注意しましょう。

時期が合えば年度末を狙って申し込む、くらいに考えておきましょう。

現在借入している金融機関に相談する

おまとめローンについて、現在借入している金融機関に相談する方法があります。

過去に返済遅延などがなければ、金融機関から返済能力を認められて1本にしてもらえる可能性があります。

審査に通りやすい消費者金融系でなくとも、おまとめローンが利用できるケースもあるので、まずは一度相談してみましょう。

特に返済実績がいい人や借入している会社が少ない人におすすめです。

おまとめローンの審査で落ちた人の例

おまとめローンの審査で落ちた人には、次のような人がいます。

おまとめローンの審査で落ちた人の例

  • 他社からの借入が遅延している
  • 他社借入件数が4社以上
  • 勤続年数が短い
  • 金融事故の履歴がありブラックリストに名前がある

返済能力がないと判断されると、おまとめローンの審査で落ちてしまいます。

以下にそれぞれの例を紹介します。

他社からの借入が遅延している

おまとめローンの審査で落ちる一つの例は、他社からの借入が遅延しているケースです。

この場合、返済遅延は信用情報に記録され、貸主が新たなローンを許可する際の重要な参考情報となります。

返済遅延は、借り手が返済計画を適切に管理し、予定通りに債務を返済する能力が疑われる可能性があります。

したがって、他社からの借入が遅延している場合、おまとめローンの審査には通りにくいでしょう。

他社借入件数が4社以上

他社からの借入件数が4社以上であると、おまとめローンの審査に落ちる可能性が高くなります。

借入件数が多いことは、返済負担が重く、その結果、新たなローンの返済が困難になる可能性があると見られるからです。

また、多くの貸金業者から借り入れを行っていると、それぞれの返済状況を一貫して管理するのが難しくなり、遅延や滞納のリスクが高まると考えられます。

勤続年数が短い

勤続年数が短いという理由でも、おまとめローンの審査に落ちることがあります。

貸主は、借り手の雇用状況と収入安定性を重視します。

したがって、勤続年数が短いと、雇用が不安定であり、将来的な返済能力に疑問が生じる可能性があります。

特に、新規に就職したばかりの場合や、フリーランスや契約社員といった形態の雇用では、収入が不安定なため審査に落ちやすい傾向にあります。

金融事故の履歴がありブラックリストに名前がある

金融事故の履歴があり、ブラックリストに名前がある場合、おまとめローンの審査には通過しにくいでしょう。

ブラックリストとは、過去に大きな金融事故を起こした人々の名前が記載されているリストのことを指します。

これに名前が載っていると、それは信用情報に大きなダメージを与え、新たな貸出を困難にします。

金融事故を起こした過去がある場合、借り手が返済責任を果たす能力や意志が欠けている可能性を示すため、ローンの審査に大きな影響を与えます。

おまとめローンの利用に関する質問

ここでは、消費者金融や銀行系が取り扱っているおまとめローンを利用する前に解決しておきたいことや知っておきたいことを質問形式で解説します。

Q.おまとめローンの審査が甘い・緩い消費者金融や銀行はある?

借り換え審査が緩い消費者金融や銀行系は存在せず、借入時に行われる審査よりも数段厳しい審査基準で審査が実施されます。

そもそも、おまとめローンの融資額は、他の金融商品よりも融資額が多額ゆえ、万が一、債務者に貸し倒れされると、融資した側は大きな痛手を被ります。

つまり、融資額が多額のため、おまとめローンの審査は、借入時の審査よりも厳しいのです。

Q.審査が甘い・緩いと言われるおまとめローンの審査に通らない原因は?

過去に金融事故を引き起こしていて、信用に傷がついていたり、借入額が巨額すぎて、融資すれば貸し倒れされる可能性があるなどの理由が挙げられます。

そもそもおまとめローンは、返済専用ローンとして利用される金融商品です。

もし、審査の過程で返済能力が低い人と判断されてしまうと、その時点で審査に落ちます。

Q.おまとめローンでも総量規制は関係している?

関係していません。

おまとめローンは、借入残高を減らすための貸付として利用できる金融商品になるので、総量規制に関係なく借換えができます。

ただし、カードローンのように、おまとめローンではない金融商品を利用した場合は、総量規制が適用されます。

Q.おまとめローンを利用してもクレジットカードの利用は可能?

可能です。

ただし、クレジットカードの利用ができるのは、キャッシング枠の借入残高のみをおまとめにしている場合に限られます。

仮に、ショッピング枠中のリボ払いとキャッシング枠の借入残高をおまとめ対象にした場合は、クレジットカードそのものを解約しなければなりません。

Q.クレジットカードのリボ払いを借り換え・おまとめ対象にすることは可能?

可能です。

ただし、クレジットカードのリボ払いを、おまとめローンの対象にできる金融商品は少なく、消費者金融系ではアイフルやダイレクトワンの2社、銀行系なら横浜銀行カードローンが対応しています。

おまとめローンの審査は甘くない!消費者金融系のローンがおすすめ

複数の借入をまとめることができるおまとめローンは、融資額が多くなるため審査が厳しくなっています。

特に金利が低い銀行のおまとめローンは審査が厳しいため、申し込むのであれば消費者金融のおまとめローンがおすすめです。

また審査に通りやすくするためには、借入を3社以内に抑えるなどの方法もあるので、可能であれば意識してみましょう。

おまとめローンを利用して月々の返済額を抑えましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

特集記事

【2024年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
【2024年最新】大手不動産リースバック業者比較ランキング!おすすめ会社の口コミ徹底比較
リースバック業者ランキングを紹介!口コミ・内容を比較して人気の会社をランキング形式で紹介していきま…
不動産売却とは?不動産を売るなら読むべき鉄則
不動産売却を行う理由は多岐に渡り、売却方法も理由や事情などに合わせて選んでいく必要があります。 ま…
【2024年最新】不動産一括査定サイトおすすめ比較ランキング!不動産売却におすすめの人気16社を厳選紹介
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
pmark image
お客様の個人情報保護のため、プライバシーマークを取得しております。
個人情報を適正に取り扱うことができる企業のみ認定されてる制度です。