TOP > 住みやすい街特集 > 国立市で一人暮らしに向いているおすすめエリアはどこ?平均賃料の相場やおすすめ地区を紹介

国立市で一人暮らしに向いているおすすめエリアはどこ?平均賃料の相場やおすすめ地区を紹介

【更新日】2024-01-30
このエントリーをはてなブックマークに追加
国立市 一人暮らし おすすめ
本ページにはPRリンクが含まれます。
当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者から委託を受け広告収益を得て運営しております。

国立市は東京都西部にある、治安がいいことで有名な地域です。

都心まではJR中央線を利用すると一本で行けるのでアクセスも良く、利用している人も多いです。

これから一人暮らしを始めようと考えている人は、国立市の中でどの地域に引っ越しするか検討しているでしょう。

利用する駅によって使える路線や家賃相場も異なるので、自分が住みやすいと感じるエリアを選ぶことが重要です。

この記事では、国立市の特徴や家賃相場から一人暮らしにおすすめの駅を紹介します。

東府中駅周辺の住みやすさは?交通アクセスや家賃相場・子育て環境を解説

国立市の特徴

大学通り
市内駅 国立駅・谷保駅・矢川駅
市内人口 約76,081人
利用者数が多い駅 国立駅
通っている路線 JR中央線、JR南武線など

国立市は東京都の中央~西部に位置し、面積が都内で2番目に小さい市です。

市域のほとんどが住宅街で、一橋大学を含めた学校が多く集まる文教都市でもあります。

中心市街地は国立駅で、そこを通る大学通りでは桜並木などの並木道が楽しめます。

また国立市は犯罪件数も少なく、一人暮らししやすい街です。

【2023年3月】戸越銀座駅周辺の新築分譲マンション購入情報│価格・間取り・入居時期

国立市の平均賃料

国立市内の一人暮らしに適した賃貸住宅の賃料を以下にまとめました。

主な駅周辺の金額となっているので、一人暮らしの物件探しの参考にしてください。

エリア ワンルーム 1K 1DK 1LDK
国立駅 約6.04万円 約6.82万円 約8.71万円 約11.38万円
谷保駅 約4.91万円 約6.29万円 約7.25万円 約11.66万円
矢川駅 約4.81万円 約5.58万円

国立市内でも、主要な国立駅とそのほかの駅では平均家賃に数千円~数万円の差があります。

交通利便性や生活環境によって差が生まれているので、家賃だけで判断せず、生活環境を考慮すると良いでしょう。

品川区の住みやすい街ランキング5選!交通アクセスや治安・おすすめポイントを解説

国立市で一人暮らしに向いているおすすめエリア

国立市内で一人暮らしに向いているエリアをそれぞれ紹介します。

国立駅

国立駅

国立市内でも、特に主要駅となっている国立駅です。

国立駅にはJR中央線が通っており、新宿まで一本でいくことも可能です。

駅周辺は南側の大学通りを中心に、飲食店などの店舗が連なっています。

大通りから入ると閑静な住宅街が広がっているので、ゆっくり過ごすこともできます。

駅には直結する商業施設もあり、食料品や雑貨も売られているので仕事帰りに立ち寄りやすいです。

谷保駅

谷保駅

谷保駅はJR南武線が通っている国立市内の駅です。

一橋大学があるので学生が多く、住宅街が広がっています。

駅の混雑率はラッシュ時に189%に及ぶので、空いている時間を利用した方がいいでしょう。

駅周辺にはダイヤ街商店街などの商店街があり、買い物を楽しむこともできます。

また谷保駅からは羽田空港へのバスが出ているので、飛行機を利用する人は便利です。

矢川駅

矢川駅

矢川駅周辺には、東京女子体育大学や社会福祉法人滝乃川学園がある地域です。

JR南武線が通っていますが、利用者は南武線26駅の中で下から5番目に少ない駅になります。

利用者が少ないので、朝の混雑もそれほどありません。

駅の南側には多摩川が流れており、自然が広がるエリアになっています。

国立駅に比べて家賃相場が低くなっているので、家賃を抑えて落ち着いたエリアに住みたい人におすすめです。

一人暮らしの賃貸物件を選ぶ際によくある失敗例

一人暮らしの賃貸物件を選ぶときには、次のような失敗例が多いので気を付けましょう。

  • 希望条件だけで判断してしまう
  • 自分の暮らしには必要ない条件を選んでしまう
  • 費用の計算が甘い

上記の失敗例は事前に知っておかなければ、実際に住んでみてから失敗したと感じることもあります。

不便を感じないように、自分の希望する条件が本当に正しいか確認しておくことが重要です。

以下にそれぞれのポイントを解説します。

希望条件だけで判断してしまう

賃貸物件を選ぶ際は、立地や家賃などの希望条件をもとに決めることがほとんどです。

特に家賃は常に意識しておかなければなりません。

しかし、そのような希望条件だけを確認して物件を選んでしまうと、住んでみてから失敗したと気づくこともあります。

例えば通勤や通学の便利さを優先して駅近くの物件を選んだとしても、人通りが多くて夜の喧騒が気になることに気づけない場合があります。

ほかにも家賃を抑えようとした結果、駅までのアクセスが悪い賃貸物件を借りてしまうこともあるでしょう。

賃貸物件を決める前に、最低限の条件をリストアップして優先順位をつけておきましょう。

自分の暮らしには必要ない条件を選んでしまう

賃貸物件を選ぶ際は、本当に自分に必要な条件か確認しておきましょう。

例えば浴室乾燥機などは人気のある設備ですが、一人暮らしの場合はそれほど必要ない可能性があります。

浴室乾燥機は電気代がつくので、外で干せるときだけ洗濯をすれば電気代を抑えられます。

ほかにも駅近くの物件を選ぶとしても、車で移動することが多い人は家賃が高くなるだけになってしまうこともあり得ます。

人気の条件は魅力的に見えることが多いですが、家賃に上乗せされるので本当に必要な条件か確認しましょう。

費用の計算が甘い

一人暮らしの出費は、家賃だけではありません。

水道光熱費や食費、通信費などの出費があるので、一般的には賃貸契約の家賃の目安は手取り収入の25%までとされています。

魅力的な物件だったとしても、収入に対して家賃が高すぎると毎月の負担が重くなってしまい、長く住みづらくなります。

さらに家賃とは別に共益費や管理費の支払いもあるので、契約する際には支払う費用総額がどの程度になるか正確に計算しておきましょう。

また賃貸物件を契約する際には、初期費用として敷金や礼金などもかかります。

引っ越しの費用も掛かるので、余裕をもっておくと良いです。

国立市で一人暮らしに向いているおすすめのエリアに足を運んでみよう

東京都の中央から西部にある国立市は、閑静な住宅街が広がっているエリアが多いです。

一橋大学などの学校も多く、学生も多いので一人暮らしに向いている物件もたくさんあるので自分が利用しやすいエリアを選びましょう。

賃貸物件を探す際は、実際に生活する環境を確認するために住みたいエリアには足を運んでおくことをおすすめします。

これから国立市に引っ越ししようと考えている人は、今回の記事で紹介したエリアを検討してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

特集記事

不動産売却とは?不動産を売るなら読むべき鉄則
不動産売却を行う理由は多岐に渡り、売却方法も理由や事情などに合わせて選んでいく必要があります。 ま…
【2024年最新】大手不動産リースバック業者比較ランキング!おすすめ会社の口コミ徹底比較
リースバック業者ランキングを紹介!口コミ・内容を比較して人気の会社をランキング形式で紹介していきま…
【2024年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
【2024年最新】不動産一括査定サイトおすすめ比較ランキング!不動産売却におすすめの人気16社を厳選紹介
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
pmark image
お客様の個人情報保護のため、プライバシーマークを取得しております。
個人情報を適正に取り扱うことができる企業のみ認定されてる制度です。