TOP > 不動産売却 > 不動産査定 > UCIKATU(ウチカツ)とは?一括査定サイトや不動産ポータルサイトとの違いを解説

UCIKATU(ウチカツ)とは?一括査定サイトや不動産ポータルサイトとの違いを解説

【更新日】2023-12-08
このエントリーをはてなブックマークに追加
UCIKATU(ウチカツ)
本ページにはPRリンクが含まれます。
当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者から委託を受け広告収益を得て運営しております。

不動産売却で悩んでいらっしゃる方も多いかと思います。

「どの会社が良いか分からない」「不動産屋に行くのは面倒」「訳あり物件でなかなか売れない」そのような方にはネットで複数の不動産会社に査定や相談をすることができる「ウチカツ」が向いています。

今回はウチカツとはなにか、一括査定サイトや不動産ポータルサイトとの違いについてまとめました。

また、ウチカツのメリットやデメリット、おすすめしたい人なども合わせて紹介しています。

利用してみたいものの、安心なサイトなのか気になっているという方もぜひご参照ください。

ウチカツとは?

ウチカツとは?
  • 全国の様々な専門分野を持つ不動産会社が参加している
  • どんな物件でも査定・相談ができる
  • 一般的な一括査定サイトと違い、買取価格の査定も出来る
  • 業界で唯一不動産業者も無料で利用できる
  • 不動産の相談も無料で出来る

(UCIKATU)ウチカツという名前はチェコ語の「UCI(教える)」とフィンランド語の「KATU(道)」が由来となっていて、「不動産に悩む方々に進むべき道を教える」「空き家問題に打ち勝つ」「家の売買や賃貸、投資の活動(ウチカツ)」を組み合わせた造語です。

ウチカツの特徴としては、不動産の一括査定だけでなく、不動産の無料相談、不動産の物件検索ができるサイトです。

最大の特徴は、一括査定や物件の検索などをする場合、不動産業者側が多額の広告費を負担していましたが、ウチカツは不動産のSNSと言われているように、不動産業者側も無料で手軽に利用できるため、多種多様な不動産業者が利用している事です。

一般的な不動産一括査定サイトは、不動産業者側の費用負担が大きいため、多くても2000社程度の利用ですが、ウチカツはこれから登録業者数の急増が見込まれます。

サイト運用元のドリームプランニングは不動産業者であるため、全国の不動産業者13万以上があるが、ポータルサイトや一括査定サイトには多額の広告費がかかるため、不動産業者には導入するハードルが高いことを身近に感じてことなどから誰もが無料で利用できるサービスが開発されました。

また、不動産査定サイトの中には、まずは不動産の相談をしたいというニーズが多くあるが、利用者の悩みを相談できるサービスがないことから、不動産相談機能も利用できるようになっております。

それ以外にも、どんな不動産でも査定できる事や、一般的な不動産査定サイトが売り出し価格の査定しか出来ないのに対し、ウチカツでは不動産業者の買取価格も査定できるという特徴があります。

ウチカツの基本情報

会社名 株式会社ドリームプランニング
一括査定可能社数 制限なし
査定エリア 全国
一括査定可能社数 全国
査定可能不動産種別 一戸建て、マンション、土地、アパート、店舗・事務所・工場・倉庫、宿泊施設、駐車場、一棟ビル、一棟マンション、その他
査定可能物件特徴 一般物件、底地・借地、市街化調整区域・農地、傾斜地・擁壁、連棟式建物、告知事項、山林、私道、再建築不可、共有持ち分、競売・任売
査定方法 買取価格査定、売出し価格査定、成約価格査定

ウチカツの特徴

ウチカツの特徴
ここからは、ウチカツの特徴について解説していきます。

どんな不動産でも査定可能

一般的な不動産査定サイトの場合、底地や借地、市街化調整区域や傾斜地などの特殊な不動産は査定ができない事がほとんどです。

もしくは査定を出来たとしても、査定をしているのは専門業者ではありません。

不動産業者には、専門とする不動産の種別がありますが、専門とする不動産による絞り込みを行うことは出来ません。

例えば、底地は底地専門の不動産業者、傾斜地は傾斜地専門の不動産業者に査定をしてもらうことが一番ベストなのですが、こうした専門業者は不動産一括査定サイトを利用するために高い広告費を払わなければならないため、一般的な不動産一括査定サイトでは専門業者に査定を依頼することができないのです。

ウチカツは、業界で唯一不動産業者も無料で利用できるサイトであるため、専門業者を細かく絞り込み査定を依頼できるのです。

不動産の買取査定も可能

不動産一括査定サイトを利用しているのは、ほとんどが資金力のある大手~中堅の不動産仲介業者です。

これは、既に説明しているように一括査定サイトの利用には多額の広告費がかかるためです。

しかし、不動産仲介業者は買取を行っておらず、不動産の買取業者が不動産の買取を行っています。

また、買取業者の中にも中小の不動産業者から大手の不動産業者がありますが、従業員数5人未満の中小の不動産業者が全体の84%(令和3年度末 一般社団法人不動産適正取引推進機機構発表の資料より)を占めており、全体的な買取件数を見ると大手より中小の不動産業者の方が多いと言えます。

そして、ウチカツは全ての不動産業者が無料で利用できるため、こうした中小の不動産j買取業者にも査定依頼ができるようになっているのです。

不動産相談が可能

ウチカツの運用会社である株式会社ドリームプランニングは、底地・借地、再建築不可、市街化調整区域、傾斜地、共有持分など、売却の困難な不動産を専門として取り扱う不動産業者ですが、ウェブからの集客を得意としていたため、全国の不動産売却に悩む方から相談を受けていました。

しかし、不動産は地域によって条例や慣習が異なるため、相談者には一般的な回答をしたうえで、条例によって判断が分かれる相談については地元の不動産業者を紹介していました。

全国から多くの不動産の相談が寄せられる中で、相談者が不動産に関する悩みを専門家に相談する術がないことを知ったことがウチカツのサービス開発の最初の要因となりました。

これまでは、不動産に関する悩みを抱えた方は、地域の不動産業者を一軒ずつ回ったり、インターネットで全て検索するしかありませんでした。

しかし、一軒ずつ不動産業者を回るのは大変ですし、不動産業者の中にはホームページを作成していない会社も多くあります。

ウチカツを利用すれば、不動産の悩みを匿名で相談できるうえ、売却や活用が難しい不動さんであっても専門の不動産業者回答してくれるので、その回答内容を見て相談や査定を依頼する不動産業者を決められるのです。

ウチカツと一括査定サイトの違いは?

ウチカツは不動産SNSと言われているのですが、一括査定サイトと何が違うのでしょうか?

業界で唯一不動産業者が無料で利用できる

一括査定サイトは不動産業者が多額の広告費負担をしている事は前述したとおりですが、ウチカツは業界で唯一不動産業者も無料で利用できるサービスになっております。

あくまでLINEやインスタグラムのように、不動産業者であっても無料で利用できるサービスのため、様々な専門分野の不動産業者に査定や相談を依頼できます。

ウチカツでは、査定サービスがメインの機能ではなく、幾つかあるサービスのうちの一機能という位置づけになっております。

業界で唯一不動産業者が開発したサービス

一括査定サイトの提供会社は広告会社やIT企業です。

しかし、ウチカツは唯一不動産業者が開発したサービスです。

そのため、一般的な不動産の売却だけでなく、売却が難しい不動産の悩みを多くの方が抱えている事、多くの不動産業者が一括査定サイトなどのポータルサイトを金銭的な理由から導入できないという事情をよくわかっていました。

こうした利用者と不動産業者のマッチングが適切にされれば、不動産業界の空き家問題解決にも役立つであろうという不動産業者としての業界問題解決への義務感がウチカツ開発へと繋がりました。

物件掲載なども可能

ウチカツが不動産SNSと言われているように、ウチカツは不動産業者と利用者が簡単に繋がれる事が開発の目的になっています。

そのため、一括査定はあくまで一つの機能であり、物件掲載も可能となっております。

その他にも様々な新機能をリリース予定です。

ウチカツおすすめしたい人とは

ウチカツおすすめしたい人
ウチカツはどんな人に利用が向いているのでしょうか。

ここではウチカツがおすすめの人をご紹介します。

底地・借地、市街化調整区域、傾斜地、がけ地など査定が難しい不動産を所有している方

ウチカツはどんな不動産でも査定できますが、一括査定サイトと違うのは、「どんな不動産でも無料で査定できる」点です。

このため、売却が難しい不動産を所有している方には非常におススメのサービスです。

一括査定に登録してしつこく電話されたくない方

不動産一括査定を利用すると、査定を依頼した不動産業者から沢山電話がかかってくると言われています。

これは一括査定をする会社が査定一件あたりに1万円~2万円の利用料をサービス提供会社に支払っているため、必死で連絡せざるを得ない為です。

しかし、ウチカツは不動産業者が査定に対して利用料の支払いをしておりません。

利用料の支払いをしていないため、しつこく営業されることもありません。

一括査定をする前に、一度相談をしたいという方

査定というか、まず不動産の相談をしたいと思ったことはありませんか?しかし、不動産の相談ってどこでしたら良いか分かりませんよね。

担当営業との相性もあるので、尚更どこの不動産業者が良いか分かりません。

インターネットで調べてみても、結局どこが良いか分からず、途方にくれることもありますよね。

しかし、ウチカツであれば匿名で不動産の相談が出来て、複数の回答の中から自分に一番あった不動産業者に相談できるのが特徴です。

買取価格の査定と売出し価格の査定を比較したい人

ウチカツは不動産の「買取価格査定」「売出し価格査定」「成約価格査定」の3つの査定方法を選択できます。

特に買取査定を出来る一括査定サイトはほとんど無く、理由は前述したように中小の不動産買取業者は、広告費の問題で一括査定サイトに登録されておりません。

ウチカツは不動産業者も利用料が無料なため、中小の不動産買取業者も含めて、様々な不動産業者に利用されているため、買取価格査定と合わせて、売出し価格の査定や成約価格査定が出来るのです。

ウチカツを利用するメリット

ここでは、ウチカツを利用するメリットを詳しく解説いたします。

利用料金がかからない

一般的な不動産一括査定サイトと同様、利用料はかかりません。

どんな物件でも査定できる

ウチカツの最大の魅力はどんな物件でも査定できるという事です。

不動産業者には、さまざまな専門分野がありますが、一括査定サイトでは例えば再建築不可の専門業者など、その分野の専門の不動産業者に査定の依頼をすることはできません。

ウチカツは、不動産業者も無料で利用できる唯一の査定サービスを持つサイトのため、あらゆる専門の不動産業者が登録しているというのが特徴です。

買取価格査定が出来る

前述しているように、不動産の買取価格査定が出来る数少ないサイトの一つです。

不動産SNSであるため、不動産業者も無料で利用できるので中小の不動産業者にも査定できるという点においては、一般的な不動産一括査定サイトと特に異なっていると言えます。

不動産の相談が出来る

査定の前に、不動産業者の特徴や応対を見てみたい時などは、不動産の相談機能が利用できるという点においてウチカツはおススメです。

匿名で相談できるうえに、一番回答の良かった不動産業者に直接問い合わせ出来るので、安心して取引業者を選べます。

ウチカツを利用するデメリット

ウチカツを利用する際のデメリットはあるのでしょうか。

使って後悔しないためにも、しっかりとデメリットも理解しておきましょう。

あくまで机上査定であるという事

一般的な不動産査定サイトと同じく、始めはあくまで机上査定といって、周辺の取引事例や建物の築年数、間取り、大きさ、土地面積などから導き出された概算の査定価格になります。

リフォーム履歴や、使用状態などより個別的な要因を反映させるためには、訪問査定が必要になります。

ウチカツの口コミ・評判

まだ始まったばかりのサービスのため、あまり口コミを見かけることは出来ませんが、「(不動産業者が)早速集客できた」「これから人気が出そう」と期待値は大きいようです。

これからどうなるかに期待したいですね。

ウチカツに関するよくある質問

ウチカツは誰でも使えますか?

はい、どなたでも利用できます。

ネット環境とパソコンやスマホがあれば誰でも利用することができます。

日本全国の不動産が対象なので国内在住であればどなたでも使うことができるでしょう。

特に年齢制限や利用資格もありません。

ウチカツはなぜ不動産業者も無料なのですか?

ウチカツを運用する株式会社ドリームプランニングは、元々不動産業者で、一括査定サイトや物件掲載が出来る不動産ポータルサイトを利用する側でした。

しかし、不動産ポータルサイトの利用するには高い広告費が必要なため、利用者が専門分野の不動産業者に査定依頼をするのが一番であるのに、それが出来ない状況や、不動産業者としても本来の専門分野ではない査定依頼を受けざるを得ない状況に問題を感じ、生まれたサービスです。

ウチカツには、不動産業界の中に居る人間にしか分からない既存のサービスの様々な問題を解決するために作られ、その一環として利用料が無料になっています。

不動産SNSってナニ?

ウチカツは業界で唯一、不動産業者が利用料を支払わずに物件掲載や一括査定依頼を受けられるサービスです。

SNSのように誰もが無料で利用出来て不動産業者、利用者、不動産が繋がれるサービスを作るというコンセプトのもとに作られました。

不動産ポータルサイトというと物件掲載や一括査定をするために不動産業者が利用料や広告費を使って集客する為のシステムで、どちらかというと利用料を払っている不動産業者の為のサービスでした。

しかし、不動産SNSであるウチカツが目指しているのは、LINE、twitter,instagram,facebookのように、不動産にかかわる誰もが気軽に繋がれる世界や、情報格差がない社会です。

さらに言うと、運営元である株式会社ドリームプランニングが不動産業に携わる責任として、空き家問題の解決や、不動産業界全体を良くするために作られたサービスです。

つまり、一括査定サイトなどの不動産ポータルサイトがマッチングのツールであるのに対して、不動産SNSというのは、目指すべき不動産業界や社会を実現するためのツールです。

そのため、利用できるサービスは近しいものがあっても、目的や目指しているものが全く違うのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

不動産査定にかかる時間はどれくらい?かかる期間を短縮する方法
不動産査定にかかる時間は、机上査定が最短1時間、訪問査定が最短当日となります。ケースによっては時間…
不動産査定書とは?査定書の取得方法・費用やひな形を無料で入手する方法
不動産査定書の内容を徹底解説!取得費用は無料なのか、ひな形・書式はどうなっているのか、どこからダウ…
【2024年最新】不動産一括査定サイトおすすめ比較ランキング!不動産売却におすすめの人気16社を厳選紹介
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…

特集記事

【2024年最新】不動産一括査定サイトおすすめ比較ランキング!不動産売却におすすめの人気16社を厳選紹介
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
不動産売却とは?不動産を売るなら読むべき鉄則
不動産売却を行う理由は多岐に渡り、売却方法も理由や事情などに合わせて選んでいく必要があります。 ま…
【2024年最新】大手不動産リースバック業者比較ランキング!おすすめ会社の口コミ徹底比較
リースバック業者ランキングを紹介!口コミ・内容を比較して人気の会社をランキング形式で紹介していきま…
【2024年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
pmark image
お客様の個人情報保護のため、プライバシーマークを取得しております。
個人情報を適正に取り扱うことができる企業のみ認定されてる制度です。