TOP > 生活とお金 > 年収1000万稼げる職業は?目指せる職業と注意点を解説!

年収1000万稼げる職業は?目指せる職業と注意点を解説!

【更新日】2022-08-12
このエントリーをはてなブックマークに追加
年収1000万円

「年収1000万円」そう聞くとかなり裕福な生活を送れるイメージがありますね。

日本の平均年収が436万円だと考えれば、年収1000万円以上稼いでいるのは高給取りと言えるでしょう。

ですが、年収1000万円以上稼いだからといって裕福に暮らせるとは限りません。

この記事では年収1000万円越えを期待できる職業を解説してから、1000万円以上の職業に就いた際の注意点について紹介していきます。

年収1000万越えが期待できる職業は?

年収1000万円以上を稼ぐと言っても、毎日お金を浪費できるわけではありません。

とはいえ暮らしに幅ができるのは間違いないでしょう。

ここでは年収1000万円をこえる職業をいくつか紹介していきます。

医者

簡単に予想はできると思いますが、医者の平均年収は1240万とかなり高額です。

特に開業医になれば年収は2000万円を越えると言われているので、他の職業ではなかなかみられないほどに高給取りだと言えるでしょう。

医者になるためには、医学部に進学して国家資格を取る必要があるので誰でも取れる資格というわけではありません。

しかし、一度資格を取得できればそこからはずっと医者として活動できるので、長期的に安定して稼ぐことができるでしょう。

弁護士

弁護士も医者と同じく、資格をすることで活動できる仕事です。

最難関と言われる司法試験に合格するためには大学院で2~3年の学習ののちに試験を受ける必要があるのでかなり長い期間がかかります。

ですが弁護士の給料は1年目で500万、5年目で1000万円を越えると言われているほど短期間で伸びていきます。

興味がある人は狙ってみるのもいいでしょう。

公認会計士・税理士

公認会計士や税理士などの末尾に「士」が付く仕事は「仕業」と言われています。

特に専門性が高い仕事ということで従事できる人員が少なく、かなり給料も高めに設定されています。

公認会計士試験は司法試験、医師国家試験と並ぶ三大資格と言われているほど難易度の高い試験とされているので、同程度の給料は期待できます。

現在の公認会計士の平均年収は994万円とされています。

監査法人に所属している人や、資格取り立ての人をすべて合わせてこの金額なので、長く続ければ年収1000万円は超えるでしょう。

また、企業に属する税理士の平均年収は600万円程度ですが、独立すると1000万円は超えると言われています。

税理士でも公認会計士でも独立すると年収は跳ね上がる傾向にあります。

パイロット

パイロットの平均年収は約2000万円と非常に高い水準になっています。

人命を守る責任があるうえに、様々な国を飛び回ると言語力も必要になるので、このくらいの給料をもらうのは妥当と言えるでしょう。

パイロットはかっこいい職業としてあこがれはありますが、就職するのはかなり狭き門になります。

航空会社のパイロット職として就職するか、航空大学校などのライセンスが取得できる学校に入学する必要があります。

現在大学生の人であれば、航空会社に就職するのが一番の近道と言えるでしょう。

商社

会社に所属するサラリーマンで、資格を必要とせずに年収1000万円超える職業はかなり数が限られます。

商社は輸出入貿易や国内で物資の販売を行う会社で、色んなサービスや商品を取り扱う総合商社と特定のサービスや商品を売る専門商社があります。

商社は基本的に在庫を持たずに物品を流通させることができるため、利益を人件費に回して高い給料を捻出しています。

30代で1000万円を越えると言われているほど早い段階で給料が高くなるので、これから就職をするけど資格を持っていない人にはお勧めです。

コンサルタント

商社に並んでコンサルもサラリーマンとして働きながら高給取りになれる職業です。

中でも外資系コンサルでは給料が跳ね上がると言われていて、40代の平均年収は1300万円と言われています。

コンサルには「総合系コンサル」と「戦略系コンサル」の二つがあります。

戦略系コンサルは経営戦略だけに特化してアドバイスをするコンサルのことで、他にも業務改善などのアドバイスをする総合系コンサルとは変わります。

基本的に総合系コンサルの方が給料が高くなる傾向にあるので、これから高給を意識して就職先を探す場合は総合系コンサルを探すと良いでしょう。

テレビ局

現在ユーチューブなどのテレビ離れが噂されていますが、テレビの存在は大きいです。

テレビ局の社員の平均年収は1300万円程度と言われているので、かなりの高水準です。

テレビ局の仕事は時間に縛られないことが多く、定時が決められてその時間に帰れることはほとんどないでしょう。

裏方としてできるだけ面白いコンテンツを作るために尽力することになると思います。

ただし、相当やりがいを得られる仕事なので、給料を目的にするよりもやりがいを大切にしたい人におすすめです。

出版社

出版社の社員の平均年収は400万円~1200万円と、非常に幅広いです。

出版社の大きさにもよりますが、大手出版社であれば1000万円を越えることは多いでしょう。

ただし、出版社の年収の振れ幅があるのは残業が原因と言われています。

基本的に出版社の社員は作家や漫画家を相手にするので、自分で本を生み出すことができません。

相手が締め切りぎりぎりに提出してくると必然的に残業時間は長くなるので、やりたい場合は覚悟が必要です。

また、確実に高給取りになれるという保証もないので給料だけを気にする人は向いてないでしょう。

広告代理店

大手広告代理店である「電通」の平均年収は1200万円です。

電通や博報堂などの総合広告代理店は、新聞、雑誌、テレビやラジオなどの媒体で幅広く事業展開しています。

中でも最近はスマホ時間が増えていて、デジタル広告にも進出しているのでこの先も発展してくことは予測されます。

広告業界はかなり人気のある分野なので、興味がある人はできるだけ早めに就活をしておくとよいでしょう。

漁師

意外かもしれませんが、漁師は給料が高いです。

中でも遠洋漁業を主軸にしている人は年収が800万円~2000万円と言われています。

遠洋漁業は1か月くらいの長期スパンで海に出るので家に帰れなくなります。

その分給料が高く設定されており、高給取りとされています。

大学教授

大学教授は年収1000万円~2000万円です。

大学ごとに年収の差がありますが、少なくとも1000万円は超えるでしょう。

大学教授になるためには大学院に進んで、博士課程を修了する必要があります。

30歳くらいまではほぼ無給で研究を続けることになるので、大学教授を目指す場合はかなりの覚悟が必要です。

公務員

公務員の中には「地方公務員」「国家公務員」「外交官」と言った種類がありますが、中でも国家公務員と外交官の平均年収は1000万円を越えます。

国家公務員の中でも「内閣府」「厚生労働省」「警察庁」など本府省は給料が高い傾向にあります。

ただし、総合職でなければ年収1000万円を越えるのは難しいとされているので、年収を目的にする場合は総合職を目指すことをおすすめします。

また、地方公務員の平均年収は600万円とそれほど高くありませんが、将来的に役職に就いた場合は1000万円超えるケースがあります。

就職してからの働き方によっては年収1000万円を越えることができるので、年収を上げたい人は全力で働くと良いでしょう。

他にもこんな職業でも年収1000万円を狙える

年収1000万円を越える職業はかなり多いですが、実は以下のような職業でも年収1000万円稼ぐことは可能です。

  • ライバー
  • 作家
  • スポーツ選手
  • アフィリエイター

近年副業が可能になってきて、お金を稼ぐ手段が増えました。

上記の職業を始めたからと言って1000万円を稼げるとは限らず、どちらかと言えば年収100万円も稼げないかもしれません。

ですが、最大1億円を越えるほどの年収を稼ぐ人もいます。

以下にそれぞれ具体的に紹介します。

ライバー

動画アプリで配信することでお金を稼ぐ職業です。

特にユーチューブは人気がある動画アプリですが、他にもSHOWROOMや17ライブなど様々な動画アプリがあります。

例えばユーチューバーとして稼ぐためには登録者数が1000人を越えないといけないなどの要件があるためすぐに稼げるわけではありませんが、際限なく稼ぐことはできます。

人気ユーチューバーのヒカキンさんは年収5億、はじめしゃちょーさんもかなりの金額を稼いでいます。

副業とはバカにできないほどの金額を稼げる世界です。

ただし、トップライバーと同じ程度の稼ぎを得るためには少なくとも数年間の努力が必要になるのでそれなりの覚悟は必要です。

ヒカキンの年収は5億越え!?リアルな数字と人気の秘訣を紹介!

作家

作家の年収は100万円~ですが、最大で5000万円ほど稼ぐ人気作家もいます。

というのも作家が1冊の本を発刊するのに得られる収入(印税)が最低50万円程度と言われているため、年間に2冊出せれば100万円をこえます。

発刊してから人気があれば重版がかかって1冊あたりの収入が増えるので、すでに人気がある作家は1冊あたり100万円を越える人もいるでしょう。

人気になれば専業で食っていくこともできるほど稼ぐことができます。

作家は目指し始めるのは簡単ですが、実際に本を売るまでは難しいので、目指す人はかなりの努力が必要です。

スポーツ選手

スポーツ選手は年俸制で、年収は5000万円程度に及ぶことがあります。

プロスポーツとしてはサッカー、野球、ゴルフ、テニスなど様々な競技があり、競技ごとに年俸は変わります。

プロスポーツ選手は高校や大学卒業からそのまま選手として働き、若いうちにたくさん稼いで早めに引退することになります。

夢があるごとですが、一試合ごとに結果が出せなければ年俸も少なくなり、最悪の場合は解雇されることもあるので厳しい仕事です。

またなろうと思ってなれる仕事でもないでしょう。

アフィリエイター

ブログやインターネットの記事から広告収入を得ている人をアフィリエイターと言います。

副業として有名で、軽く小銭稼ぎをするイメージが強いでしょう。

実際にほとんどの人は月に5万円を稼ぐのは厳しく、専業でやっていくのはかなり難しいです。

ただし中には年収1億円を稼いでいるアフィリエイターもいます。

しっかりと興味がある内容を分析して書くことが必要です。

年収1000万円でも安心できない

「年収1000万円を稼げば、将来は安泰だろう」なんて考えている人はいませんか?

もちろん年収1000万円稼げば裕福な生活を送ることはできますが、実は将来まで安泰だとは言い切れません。

年収1000万円を稼いでいたとしても注意しないといけないことを紹介します。

責任の大きな仕事が多い

年収1000万円稼げる仕事には、責任が重い仕事が多いです。

もちろんそれ以外の仕事に責任がかからないというわけではありませんが、年収1000万円を越える仕事は専門性が高い仕事が多いです。

例えば医者として他人の命を救ったり、公認会計士としてある会社の進退を計算したりと、通常の業務よりは責任が重いです。

一人でできるライバーであっても配信できなければお金を稼ぐことが出来なくなるといった重い責任もあります。

一度の失敗でかなりの責任が問われるので、仕事に真剣に取り組む必要があります。

成果が直接収入に影響する

年収1000万円を越える仕事は成果が直接収入に影響することもあります。

商社やコンサルなどのサラリーマンとして働いている人は安定して稼ぐことができますが、成果物を挙げなけば収入が得られない仕事も多くあります。

特にライバーや作家が成果物を上げなければ稼げないことは分かると思いますが、スポーツ選手なども結果が出せなければ契約が切られてしまいます。

体調を崩したりけがをしただけで稼ぐことができなくなるので、かなり危険な仕事とも言えるでしょう。

支出を減らしづらい

年収1000万円以上を稼いでいる人がその職を辞めた場合でも、支出を減らすことができません。

家賃や住宅ローンなどは急に安くできるものではないため、万が一病気などを理由に働けなくなったらお金を払うことが出来なくなります。

いきなり収入がゼロになることはないでしょうが、高い年収をもとに生活設計をしているといざと言った時に足りなくなります。

使い過ぎず、ある程度お金を貯めておくと良いでしょう。

意外と使えるお金が少ない

年収1000万円稼いでいると言っても、実はすべてが使えるというわけではありません。

特に税金で多くとられ、年収1000万円の人の所得税は181万円です。

また年収2000万円稼いだ人と年収1000万円の人では、税金が500万円も変わります。

たくさん稼いでも収入はかなり減ってしまうので、できるだけ節約した生活を送るべきと言えるでしょう。

年収1000万円稼げる仕事は責任重大

年収1000万円稼げる仕事は資格が必要なものから個人で始めることができるものまでさまざまです。

ただしそれらの仕事はどれも通常の仕事に比べて責任感が重いものが多いので始める際には覚悟が必要です。

また、年収が増えたと言っても無駄遣いをしているといざとなった時にお金が足りなくなってしまうので注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

特集記事

不動産一括査定サイトおすすめ比較ランキング!不動産売却におすすめの人気15社を厳選紹介【2022年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2022年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…