TOP > > 不動産を即金で売却する方法を紹介!短期間で現金化するコツや注意点も解説

不動産を即金で売却する方法を紹介!短期間で現金化するコツや注意点も解説

【更新日】2023-12-14
このエントリーをはてなブックマークに追加
本ページにはPRリンクが含まれます。
当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用し各事業者から委託を受け広告収益を得て運営しております。

「不動産を早く売却して現金化したい!」と思っている人は、不動産売却を検討している人たちの中に一定数居ます。

しかし、不動産を仲介で売却するとなると最大で3~6ヶ月程掛かっていまい「早くお金したいのに…もっとスムーズに現金化できる方法は無いの?」と困ってしまいますよね。

不動産の売却には仲介以外に買取という方法で不動産を売却することができます。

不動産買取は通常の仲介より不動産を短期間で現金化できることから、即金で売却したいという人におすすめです。

今回は不動産を即金で売却したい!という人に短期間で不動産を現金化する方法を紹介します。

とにかく早く不動産を売却したいと考えている人は参考にしてください。

不動産買取業者おすすめランキングTOP10!大手買取業者の口コミ・評判の比較と失敗しない選び方
この記事の監修
志塚洋介

志塚洋介行政書士事務所 代表
志塚洋介

行政書士 CFP・1級FP技能士 宅地建物取引主任者 管理業務主任者 マンション管理士 証券アナリスト協会検定会員補 ビジネス法務エキスパート®

証券会社で個人・法人の資産コンサルティング業務に携わり、株や為替、投資信託の売買を

行う。その後システム企画・管理部署を経験。

不動産会社へ転職し管理不動産の入出金管理を行う。

その後独立し、行政書士として独立開業し、会社設立・創業支援、補助金申請、相続・遺言の手続き代行など民事を中心に、FPとしては証券会社での経験を活かし資産運用や不動産関連を中心にアドバイスやセミナー、執筆活動など幅広く業務を行っている。

また、YouTubeでの投資情報動画も好評。

不動産を即金で売却する方法

不動産を即金で売却する方法は2つあります。

  • 買取再販してもらう
  • 買取保証をつける

両方不動産会社のサービスで、仲介に比べて売却の流れをスムーズに行うことができます。

これから各自詳しく紹介するので、どちらが自分に適しているかチェックしていきましょう。

不動産会社に買取ってもらう

不動産会社は基本仲介を行っていますが、中には買取ってくれる不動産会社もあります。

不動産会社に買取ってもらう方法は、買主を見つける必要が無いので、不動産会社と交渉して買取金額が決まれば即時現金化できます。

「とにかく素早く現金化したい!」という人に向いていますが、相場より安い価格で買い取られてしまうデメリットがあります。

安く買い取られるとは言え、買主を見つける為の売却活動を省いくことができるので、短期間で不動産の現金化を検討している人に最適です。

買取保証をつけてもらう

買取保証は、一度不動産会社に仲介を依頼して期間内に不動産が売れなかった時に不動産会社が買取ってくれます。

不動産買取より相場に近い値段で買取ってくれるので、一定期間内に売りたいと考えている人におすすめです。

不動産を仲介に出していつ売れるか分からない状況を解消できるので、仲介より計画的に売却することができます。

買取保証は一度仲介を挟む為、買取より現金化に時間が掛かってしまいます。

しかし相場より安く売られてしまう可能性を抑えることができるので、比較的短期間で効率よく現金化したいという人におすすめです。

土地買取で損しないコツ!失敗しない買取業者の選び方

不動産を即金で売却するメリット

不動産を即金で売却するメリットは、現金化までの早さだけではありません。

  • 最短1週間で現金化可能
  • 周囲に売却した事がバレない
  • 契約不適合責任に問われない
  • 仲介手数料を支払う必要がない
  • 売却活動の手間が省ける
  • 売れ残りの心配が無い

これから各メリットを紹介するので、不動産会社を短期間で売却したい人は参考にしてください。

最短1週間以内に現金化できる

不動産買取を利用した場合、最短1週間以内に現金化することができます。

仲介の場合、買主が見つかるまで現金化出来ず最短でも3ヶ月以上はかかります。

不動産会社の買取は不動産会社と売主の交渉によって決まるので、スムーズに売却できます。

周囲に売却した事がバレない

不動産の仲介で売却すると売却活動を行う必要があり、物件情報誌やチラシ・インターネット広告に不動産情報が掲載されます。

様々な所に売却情報が出るので、周囲の人に不動産を売却した事がバレます。

不動産買取は、不動産会社に物件情報を開示するだけで済みます。

近所の人たちに売却することを知られずに売れるので、余計な噂を立てられたくない人におすすめです。

契約不適合責任を負わない

仲介で不動産売却した場合、物件に欠損があると発覚した時に契約不適合責任を負う必要があります。

不動産会社に買取ってもらった場合、売主は契約不適合責任を負う必要は無くなります。

例えば、売主が不動産会社に物件を買取ってもらい不動産会社が買主に売ったとして、数カ月後物件に予想外の欠損が発覚したとしても売主は責任を負う必要はありません。

不動産会社側もリスクを理解した上で買取っているので、責任も全て免除してもらえます。

仲介手数料を支払う必要がない

通常、不動産に不動産売却を依頼すると仲介手数料が発生します。

物件を買取ってもらう場合だと仲介する必要がないので仲介手数料を無料にできます。

手数料を削減できる分、価格が安くなってしまいますが買取だと家具等の処分が不要なので手間がかかりません。

コスパよく買取ってもらえるので、おすすめです。

売却活動の手間が省ける

買主を探す不動産仲介だと、売却活動を行う必要があります。

しかし買取で不動産を即金にすると、不動産会社に直接買取ってもらえるので売却活動を行う手間が省けます。

家の掃除が必要になる”内覧”も必要ないので、不動産をありのままの状態で不動産会社に引き渡せます。

不動産を即金にする方法は、現金化をスピーディーにするだけでなく売却でのめんどくさい工程も省けるので「とにかく簡単に売却したい!」という人にもおすすめです。

売れ残りの心配が無い

仲介で不動産を売却すると、買主が見つからない限り不動産を売ることはできません。

買主が見つからない場合は売れ残り、現金化出来ずに困ってしまうケースもあります。

不動産を即金にする方法は、必ず不動産を売却することができるので売れ残る心配もありません。

不動産を即金で売却するデメリット

不動産会社に買い取ってもらうと魅力的なメリットがありますが、デメリットも存在します。

  • 売却価格が安い
  • 買取ってもらえない場合がある
  • 築年数の浅い物件は損する
  • 買取価格が適正なのか根拠付けできない
  • 個人売買も視野に入れよう

これからデメリットを詳しく解説していくので買取を検討している人は、損をしないためにも理解しておきましょう。

売却価格が安い

不動産会社に不動産を買取ってもらう方式は、仲介より売却価格が安くなります。

大体相場の70~80%の価格になると言われていますが、場合によっては半分以下になることもあります。

買取してくれる不動産会社は所有権移転登記で発生する費用や物件が売れなかった時の管理費用を考慮して買取価格を算出する為、個人に不動産物件を売るより売却価格が低くなります。

また、売る物件の建物が老朽化しているものや買主が見つかりにくい地域の土地は、買取ってくれない可能性があります。

家の状態によって買取に応じてくれない

家の老朽化が酷い状態や、築年数40年以上の物件は不動産会社が買取ってくれない可能性があります。

物件を更地にして売却する方法もありますが、更地にする工事費や売れるのが確定するまでの固定資産税がかかるので、現金化しても少額になる可能性があります。

買取が難しそうな物件は、訳あり物件を専門的に取り扱っている不動産会社に依頼することをおすすめします。

築年数の浅い物件は損する

築年数の浅い物件は不動産仲介で買主を素早く見つけることができます。

買主を見つけられる状況は、相場通りの価格で売ることができる状態なので、不動産に買取ってもらうと損してしまいます。

一般的に不動産会社が買い取るケースは築年数の古い物件や訳あり物件のほうが向いています。

買取価格が適正なのか根拠付けできない

不動産の買取価格は、相場より安い値段で取引されています。

家のリフォーム費用や家具の処分費用込みで計算されることもあり、買取価格が適正なのか判断しにくくなります。

中には訳あり物件だからとこじつけで相場よりかなり安い金額で買取ってくる業者もいるので注意が必要です。

適正な価格なのか判断するには、買取業者が提示している価格に根拠があるのかしっかり説明してもらいましょう。

また、複数の買取業者に査定をだして買取相場価格を把握する手段もあります。

不動産をお得に短期間で現金化するポイント

個人売買も視野に入れよう

個人売買は、業者に買取ってもらう方法や不動産に仲介を依頼する方法ではなく、自分で買主を見つけて交渉する方法です。

個人売買で買主を早く見つけると、利益率が高く早めに売る事ができます。

しかし個人売買は、売主が不動産知識を熟知していて資料作成などスムーズに用意できる状態でないと厳しいです。

「利益率高めで早く売れるチャンスがあるのなら!」と思う人は不動産個人売買サイトを活用することをおすすめします。

不動産をお得に短期間で現金化するポイント

物件を手早く現金化するには下記のポイントを抑えておきましょう。

  • 一括査定サービスを活用する
  • 買取再販が得意な不動産会社を選ぶ

不動産会社によって買取を得意としていない所もあるので、これから解説するポイントをチェックした上で最適の不動産会社で買取ってもらいましょう。

一括査定サービスを活用する

不動産査定

一括査定サービスは、複数の不動産会社に査定を一括で依頼できます。

複数の不動産会社の査定額を比較して、最適の価格を提示してくれる不動産会社をみつけることができます。

地域密着型の不動産会社から大手不動産会社まで依頼できるので、最適の不動産会社に買取ってもらいたい人は活用しましょう。

買取再販が得意な不動産会社を選ぶ

不動産会社は、全ての会社が買取を得意としている訳ではありません。

買取が苦手な不動産会社に依頼すると、予想より低い価格で買い取られてしまう可能性もあるので注意しましょう。

全国で対応している買取再販専門の不動産会社を利用すると、築40年以上の家もスムーズに現金化することができるのでおすすめです。

不動産の買取再販とは?不動産仲介業との違いやおすすめ買取再販業者を紹介

不動産を即金で売却できる期間

「不動産会社に買取ってもらう方法が早いということは分かったけど実際どのくらいなの?」と具体的な期間を知りたい人が多いですよね。

そこでこれから不動産を即金で売却した場合にかかる期間を紹介します。

物件によって期間が異なるケースもあるので、あくまで指標として参考にしてください。

最短3日~1週間で不動産を即金で売却できる

不動産会社が買い取る場合、販売活動をする必要が無く不動産会社が買取ってくれる為、買取を依頼してから物件の引き渡しまでスムーズに行えます。

不動産会社の買取も訪問査定がありますが、ほとんどのケースが一回で終わるので仲介より早く済みます

不動産会社によって売却完了までの期間に差がありますが、大体最短3日~1週間で不動産売却が完了します。

「売却の早さを重視したい!」という人は買取を行っている不動産会社の中でも、即日買取を行っている不動産会社をおすすめします。

訳あり物件プロなら最短3日で売却可能

訳あり物件プロ

訳あり物件プロは、AlbaLinkが運営している不動産買取サービスで、他社で仲介や買取を断られた物件でも査定してくれます。

また最短3営業日で現金化が可能という所が魅力的で「とにかく早く現金化したい!」という人におすすめです。

他の不動産会社で断られた物件もスピーディーに買取ってくれるので「仲介で売れ残ってしまって困っている」という人にも最適です。

不動産を即金で売却する流れ

不動産を即金で売却する流れを紹介します。

  1. STEP1.売却の相談
  2. STEP2.査定
  3. STEP3.販売価格の提示
  4. STEP4.契約
  5. STEP5.引き渡し

不動産を即金で売却する流れは、通常の仲介と比べて販売活動を行わない為、非常に早く不動産を売却することができます。

不動産会社の査定価格提示の時間が早ければ早い程、不動産を現金化するスピードが早くなるので、素早く提示してくれる不動産会社を選びましょう。

STEP1.不動産会社に相談

不動産を即金で売却するにしても仲介と同じで、まずは不動産会社に相談します。

スピードに特化している買取専門の不動産会社は、様々な物件に対応できる事が多く、再建築不可物件や底地などでもスピーディーに対応してくれます。

最短即日で査定まで行ってくれる所もあります。

STEP2.査定

物件の相談が終わると、査定に移行します。

仲介と違い買取先が不動産会社になっている為、不動産会社が訪問査定すれば査定額が決まります。

売出し価格の設定や販売活動をしなくても、現金化できる金額をある程度把握できます。

STEP3.販売価格の提示

査定が終わると、販売価格の提示に移ります。

販売価格は査定額と大きく異なることはないので、査定額に問題なければ販売価格もおおよそ問題が生じることはありません。

仲介の場合、買主が現れると内覧や説明会を行い価格交渉になりますが、買取は販売価格に納得すればそのまま契約になります。

STEP4.契約

販売価格に問題がなければ契約に移ります。

買取は仲介と違い、契約不適合責任を負う必要がありません。

契約が終わった後は、不動産会社が物件の責任をすべて負うことになる為、万が一なにかあったとしても売主が責任を負うことはありません。

STEP5.引き渡し

契約が終われば引き渡しになります。

不動産会社に相談してから現金化まで、最短で3営業日で完了する所もありますが、大体平均で7営業日かかります。

不動産を手早く現金化したいが引っ越せない時の対処法

「不動産を素早く手放したいけど今引っ越せない…。」と2つの問題を抱えている人はリースバックがおすすめです。

リースバックは、不動産会社の買取並に手早く現金化が可能で、その上売った物件に住むことができます。

リースバックを活用する

リースバックは、自宅を不動産会社に買取ってもらい、売却した後も家賃を払いながら同じ家に住みます。

リースバックは不動産会社の買い取りと同じく、周囲にバレること無く不動産を売れます。

また、家賃を払うことで売った不動産に住み続けることができるので引っ越しする必要がありません。

生活環境をほとんど変えずに現金を用意できるので、とにかく現金を用意したいという人は検討してみてください。

【2023年最新】大手不動産リースバック業者比較ランキング!おすすめ会社の口コミ徹底比較
最高値で売れるリースバック業者を最大10社で比較見積もり!
詳細をチェック!

不動産を即金で売却する時の注意点

不動産を即金で売却する時の注意点をまとめました。

過剰に安くされていないかチェックする

不動産会社に買取ってもらう際、売却価格が過剰に値引きされていないか確認しましょう。

売却価格の根拠をしっかり説明してもらえない場合は、買取価格の相場より低く見積もられている可能性もあります。

不動産会社の担当者としっかりコミュニケーションを取って納得いく状態で売却しましょう。

訳アリ物件は専門の不動産会社に依頼しよう

不動産会社に買取ってもらえない物件は、訳アリ物件の買取を専門としている不動産会社に依頼しましょう。

再建不可物件や共有持分といった特殊な物件は、一般の不動産会社だと取り扱ってもらえない可能性が高いです。

住宅ローンが残っている人は売却出来ない可能性がある

家の売却は、住宅ローンが残っている場合でも売却価格で住宅ローンを完済できる場合は売却可能です。

しかし、売却価格が住宅ローンの総額を下回る場合は、別途資金を用意して完済させる必要があります。

住宅ローンは不動産を売却する際に一括返済していないと抵当権を抹消できないので買主に物件を売れません。

家の即日売却に関する質問

ここでは、持ち家を業者買取に出す前に解決しておきたい疑問や知っておきたいことについて質問形式で解説して行きます。

住宅ローンが残っている家も即日売却できる?

住宅ローンが残っている家でも即日売却は可能です。

ただし、売却価格が住宅ローンの残債を下回る場合は、その差額を補う必要があります。

この差額は「不足額」とも呼ばれ、住宅ローンの残債を完済するために自己負担する金額のことを指します。

住宅を売却する際、売却価格は通常、その物件の価値と現在の市場状況により決定されます。

即日売却の場合、スピード重視のため売却価格が低く設定される可能性があります。

即日売却でかかる諸費用は?

即日売却で発生する諸費用には、以下のようなものが含まれます。

即日売却でかかる諸費用

  • 登記費用
  • 印紙税
  • 売却金額に応じた譲渡所得税など

上記に加えて、住宅ローンの残債がある場合は、その返済費用、不足額があればその補填費用が必要になります。

即日売却の場合、手続きをスピーディに進めるために追加の手数料が発生する可能性もあります。

即日売却後の送金は最短で何日ほどで完了する?

即日売却後の送金完了までの日数は、取引の内容や関係者の対応速度、銀行の送金スケジュール等により異なります。

一般的には、契約後すぐに全額が支払われるわけではなく、契約時に手付金が支払われ、残りの金額は物件の引き渡し後に支払われます。

そのため、即日売却であっても全額の送金が完了するまでには数日から1週間程度の時間を見積もっておきましょう。

具体的な日数は、売却先の業者と詳しく相談して確認するのが最適です。

即日売却に対応している業者も一括査定サイトで探せる?

一括査定サイトを使用すれば、即日売却に対応している業者を探すことができます。

一括査定サイトは、物件の情報を入力すると、複数の不動産業者から査定結果や提案を受けることができるツールです。

そこには即日売却に対応している業者も含まれており、条件に合う業者を選びやすいです。

ただし、即日売却の場合は売却価格が低下する可能性がありますので、複数の業者から査定を取ることで適切な価格を確認すると同時に、自身の状況と照らし合わせながら会社を選んでいきましょう。

即日売却での売却相場は仲介売却に比べてどれくらいの差がある?

家を即日売却する場合の売却相場は、仲介による売却と比較すると一般的には低くなりがちです。

その理由はいくつかあります。

再販目的

まず、即日売却は通常、買取業者が直接物件を購入する形式を取ります。

つまり、買取業者はその後、再販を行うために物件を保持するリスクを負います。

このリスクを考慮した上で、一定の利益を確保するために、買取価格は市場価格よりも安く設定されることが多いのです。

売却までにかかる時間

また、即日売却の魅力は、そのスピードです。

売却手続きを迅速に進めるため、買取業者は詳細な査定を行う時間を短縮する傾向があります。

このため、査定結果は厳密な市場価格よりも低めに出ることがあります。

具体的な価格差は、物件の状態や立地、買取業者の方針などによりますが、一般的には10%~30%程度低くなります。

ただし、この範囲はあくまで目安であり、物件や市場状況により大きく変動します。

よって、即日売却を選択する際は、時間の利便性と売却価格のバランスを考えつつ、複数の業者から査定を取りましょう。

その上で、自身の状況と照らし合わせて最善の選択をしましょう。

不動産を即金で売却したい人は買取サービスを活用しよう

不動産を手早く現金化したい人は、不動産会社に買取ってもらう方向性で依頼しましょう。

また買取ってもらう不動産会社は、一括査定サービスで探すことをおすすめします。

買取査定額を見比べることができるので、最適の不動産会社に買取依頼できます。

また通常の不動産会社では取り扱ってくれないような物件を売りたい人は、訳アリ物件を専門にしている業者に依頼するのも1つの手段です。

なるべく早く不動産を売る方法を活用してスムーズに売却しましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

特集記事

不動産売却とは?不動産を売るなら読むべき鉄則
不動産売却を行う理由は多岐に渡り、売却方法も理由や事情などに合わせて選んでいく必要があります。 ま…
【2024年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
【2024年最新】不動産一括査定サイトおすすめ比較ランキング!不動産売却におすすめの人気16社を厳選紹介
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2024年最新】大手不動産リースバック業者比較ランキング!おすすめ会社の口コミ徹底比較
リースバック業者ランキングを紹介!口コミ・内容を比較して人気の会社をランキング形式で紹介していきま…
pmark image
お客様の個人情報保護のため、プライバシーマークを取得しております。
個人情報を適正に取り扱うことができる企業のみ認定されてる制度です。