TOP > 住宅ローンの基礎知識 > 住宅ローンの事前審査で即日否決されるのはなぜ?審査に落ちやすい個人信用情報のステータスと対処法を解説

住宅ローンの事前審査で即日否決されるのはなぜ?審査に落ちやすい個人信用情報のステータスと対処法を解説

【更新日】2022-06-09
このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローンの事前審査で即日否決されるのはなぜ?

住宅ローンの審査には事前審査と本審査があり、事前審査では基本的な信用情報と借入額をチェックします。

住宅ローンの事前審査は、一般的に即日~1週間で結果が分かりますが、即日で否決された場合は明確に否決される原因があることがほとんどです。

そのため、即日で否決された場合は他の金融機関に申しこんでも意味がないケースがほとんどなので、否決された原因を確認しましょう。

この記事では住宅ローンの事前審査に即日否決される原因を解説して、後半では対処法を紹介します。

審査が甘い・通りやすい?住宅ローンランキング!審査の緩い借りやすい銀行を見抜くコツ
人気の住宅ローン【2022年06月最新】
三菱UFJ銀行 住宅ローン
● 最も利用者が多い人気ローン!14年連続No.1
● 申込から借入まで来店不要!口座なしでも申込可
● コンビニATMが24時間無料!お得に借りれる
繰上返済手数料 0円 事務手数料 0円
保証会社手数料 33,000円 団体信用生命保険料 不要
\簡単15分でWeb申込!/

住宅ローンの事前審査に即日否決された時は要注意

住宅ローンの事前審査に即日否決された場合、明らかに問題があるケースがほとんどです。

大体事前審査には即日~1週間かかり、審査に通るか落ちるか微妙な人ほど審査が長引く傾向にあります。

そのため、事前審査で即日否決された場合は審査基準に明確に適していないことが多いです。

即日で否決されて原因がわからない場合は、まずなぜ落ちたのかを確認しましょう。

個人信用情報に問題がある可能性がある

事前審査で即日否決される人は、個人信用情報に問題がある可能性が高いです。

個人信用情報とは、クレジットカードやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、取引事実を登録している個人の情報です。

次の内容が主に登録されています。

  • 氏名・勤務先などの基本情報
  • クレジットカードの支払い状況
  • キャッシング状況
  • スマートフォン分割購入代金の支払状況
  • 債務整理情報

過去に上記の取引で遅延がないか、未払いがないかの情報を判断します。

取引記録は5年~10年残るので、独身時代にクレジットカードの未払いがあったために審査に落ちるケースもあり得ます。

個人信用情報はどの金融機関でも確認されるので、問題があった場合は金融機関を変えても意味がないことが多いです。

無意識のうちに支払い遅延している可能性もあるので、まずは確認してみましょう。

住宅ローンの事前審査で即日否決される個人信用情報

住宅ローンの事前審査で即日否決される個人信用情報のステータスは、次の4つが挙げられます。

  • ブラック
  • 多重債務
  • 支払い延滞中
  • クレジットカードの支払い遅延履歴

特にブラック扱いされている人は、住宅ローンの審査にまず通ることがありません。

ブラックでなくても審査落ちしやすいケースはあるので、それぞれ解説していきます。

ブラック

過去に債務整理をした人や、2~3か月以上の支払い延滞をした人は、いわゆるブラックリストに載ります。

ブラックリストに載っている人は支払い能力がないことの証明なので、住宅ローンの審査に通ることはまずありません。

債務整理で自己破産した人は10年間、任意整理した人は5年間ブラックリストに乗り続けることになるので、期限が切れるまでは住宅ローンを組むことは不可能です。

気づかないうちにブラックリストに入ることもある

ブラックリストに入る人は基本的に支払い遅延を自覚している人が多いですが、中には支払い遅延に気づかずブラックリスト入りすることもあります。

例えば携帯電話料金を払込票で支払っている人が、引っ越しをして住所変更を忘れていると払込票も督促状も届きません。

そのため気づかないうちに3か月以上の支払い遅延となり、ブラックリスト入りすることがあります。

ブラックリスト入りしていないかどうか、まずは確認しておきましょう。

多重債務

住宅ローンの審査では、他の金融機関からの借り入れ(多重債務)がないかどうかも重視されます。

住宅ローンは高額で長期的に支払う必要があるため、多重債務をしていると支払い能力に問題があるとみなされます。

カードローンなどの無担保のローンは1本が限度で、2本以上ある場合はほぼ審査に通りません。

また住宅ローン審査は、消費者金融からのキャッシングがある人には特に厳しいので、住宅ローンの審査前に支払い終えておく方が無難です。

使っていないカードローンは解約しておくと、審査も通りやすくなります。

支払い延滞中

現在進行形で支払い延滞中の人は、住宅ローンの審査に通りません。

前述の理由と同じく、支払い能力がない証明になってしまいます。

ただし、これまでに支払い遅延がなく単に忘れていただけで1か月以内に支払いできた場合は、再度審査に申しこむことで審査に通る可能性はあります。

クレジットカードの支払い延滞履歴

クレジットカードの支払い延滞履歴は、個人信用情報の中でも重視する部分です。

個人信用情報には、クレジットカードなどの返済状況が過去24ヶ月分記録されているため、何度も延滞している場合は審査に落ちる可能性があります。

支払い期日に1日でも遅れると記録として残るので、「電話で督促されてから支払ったので問題ない」と思っている人は一度個人信用情報を確認してみましょう。

住宅ローンの審査に確実に通りたいなら、24か月経って記録が消えてから申し込むと良いです。

ブラックリストに載っても住宅ローン審査に通る?金融事故歴ありでもローンを組むコツ

住宅ローンの事前審査で個人信用情報以外に注意すべき点

住宅ローンの事前審査で落ちる人は個人信用情報が問題なことが多いですが、他の問題点がある人もいます。

  • 年間の返済比率が年収の30%をオーバーする
  • 勤続年数が短い
  • 担保割れしている

事前審査では細かくチェックしなくてもわかる情報を最初に審査するので、上記の内容に不備があれば審査に即日で落ちる可能性もあります。

以下にそれぞれ解説していきます。

年間の返済比率が年収の30%をオーバーする

住宅ローンは借入額が年収の〇%と指定されるカードローンとは異なり、年間の返済額が年収の何%かで設定されます。

これを返済比率と言い、ほとんどの住宅ローンで許容される返済比率は30%とされています。

例えば年収が500万円の人であれば、年間の合計返済額は150万円となります。

申しこんだ住宅ローンの返済比率が、銀行の定める返済比率をオーバーしている場合は住宅ローン審査に落ちる可能性があります。

他のカードローンとの合算金額で判断

年間の返済比率が30%までというのは、住宅ローンだけの返済比率ではありません。

年収500万円の人が他にカードローンで年間30万円借り入れしていた場合、150万-30万=120万円が住宅ローンの返済額です。

そのため、住宅ローンの返済額が30%以内だとしても、審査に落ちることがあるとは理解しておきましょう。

勤続年収が短い

勤続年数が3年以内の場合、住宅ローン審査に落ちる可能性があります。

単に3年以内というだけで審査に落ちることはありませんが、勤続年数が短いと年収が低いことが多く、審査に通りづらくなります。

また勤続年数が短いと、再び転職をして支払い能力がなくなる可能性があると判断されます。

もし転職を考えているならば、住宅ローンの審査に通ってから転職する方が良いです。

担保割れしている

事前審査では、担保物件の面積や基準地価などから、大まかな担保評価をします。

借入額が担保評価額に満たない場合、住宅ローン審査に通らないことがあります。

住宅ローンの融資限度額は、担保評価額の範囲内までしか融資できないので、担保割れしていないか確認しましょう。

自己資金があると担保割れしづらい

自己資金を事前に準備しておくと融資資金に余裕が生まれるため、担保割れしづらくなります。

特に中古物件は建物の評価額が激減することもあるので、自己資金をある程度準備してから申し込むと良いです。

住宅ローン審査によくない条件でも通った方っているの?奇跡的に借入できたケースとまさかの通過理由

住宅ローンの事前審査で即日否決された際の対処法

人気の住宅ローン【2022年06月最新】
三菱UFJ銀行 住宅ローン
● 最も利用者が多い人気ローン!14年連続No.1
● 申込から借入まで来店不要!口座なしでも申込可
● コンビニATMが24時間無料!お得に借りれる
繰上返済手数料 0円 事務手数料 0円
保証会社手数料 33,000円 団体信用生命保険料 不要
\簡単15分でWeb申込!/

住宅ローンの事前審査で即日否決された場合は、個人信用情報か上記の内容に問題があることがほとんどです。

そのため、即日否決された際は次の対処法を取りましょう。

  • 個信を確認する
  • 個信の記録期限が切れるまで待つ
  • できるだけ債務を返還する

即日で否決された場合、すぐに対処できない場合が多いです。

そのため、なぜ即日否決されたのか確認して原因を理解しておくことが重要です。

以下にそれぞれ解説します。

個信を確認する

住宅ローンの審査に即日否決された場合、まずは個人信用情報を確認しましょう。

次の個人信用情報機関に確認すれば、自身の情報は分かります。

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)

延滞中の取引はないか、過去にクレジットカードの支払い遅延はないかなど確認して、なぜ即日否決されたのか理解しましょう。

個信の記録期限が切れるまで待つ

個信に問題があった場合、記録が消えるまで待つのが住宅ローン審査に通りやすくなる方法です。

個信に記録された情報はすぐに消えるわけではないので、個信に問題があれば他の金融機関で住宅ローンに申しこんでも通りません。

そのため、個信の情報が消えるまで待ってから申しこみなおすのが一番いいです。

あと1~2年で個信の登録情報が消えるのであれば、今は資金をためておいて将来の借入額を下げることで審査に通りやすくするのも手です。

できるだけ債務を返還する

現時点で債務が残っている場合、まず債務を返還しておきましょう。

他のカードローンの借り入れがある場合は早めに返し、解約までしておくと後々住宅ローンに通りやすくなります。

もし未払いの債務があれば個信に情報として残るのですぐに住宅ローン審査に通るわけではありませんが、早急に対応して損はありません。

住宅ローンの事前審査で即日否決された人は個人信用情報を確認しよう

住宅ローンの事前審査で即日否決された場合、個人信用情報に問題があるケースが多いです。

気づかぬうちに支払い遅延していた、独身時代にクレジットカードの支払いが遅れていたなどの原因が考えられます。

即日否決された場合は、できるだけ早めに個人信用情報を確認して問題をはっきりさせておきましょう。

人気の住宅ローン【2022年06月最新】
三菱UFJ銀行 住宅ローン
● 最も利用者が多い人気ローン!14年連続No.1
● 申込から借入まで来店不要!口座なしでも申込可
● コンビニATMが24時間無料!お得に借りれる
繰上返済手数料 0円 事務手数料 0円
保証会社手数料 33,000円 団体信用生命保険料 不要
\簡単15分でWeb申込!/
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

年収500万円で住宅ローンの借入可能額はいくら?無理なく返済できる理想の借入金額と上限額まで借りた時のリスクをご紹介!
年収500万円の方が住宅ローンを組むとき上限額がいくらになり、無理なく返済できる理想金額がいくらにな…
住宅ローンの審査に通りやすい人の特徴とは?職業・職種が関係?高年収でも通らない人がいる?
住宅ローンの審査に通りやすい人、通りにくい人の間にはどんな違いがあるのでしょうか?徹底解説していき…
住宅ローンの借り換え審査が甘い・緩い通りやすい銀行はどこ?借り換えの条件と落ちた時の対処法
住宅ローンの借り換え審査が甘いおすすめローンを紹介!審査ではどこを見られるのか、どこが通るポイント…

特集記事

【2022年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…
不動産一括査定サイトおすすめランキング!不動産売却におすすめの人気33社を比較【2022年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…