TOP > 住宅ローンの基礎知識 > 全銀協のKSCを見ない住宅ローンはある?KSCの詳細と信用情報に傷がついていた際の対処法を解説

全銀協のKSCを見ない住宅ローンはある?KSCの詳細と信用情報に傷がついていた際の対処法を解説

【更新日】2022-06-09
このエントリーをはてなブックマークに追加
全銀協のKSCを見ない住宅ローンはある?

住宅ローンの審査で重視されるポイントは、個人のカードローンなどの信用情報の記録です。

住宅ローン申し込み前に返済遅延などがあれば、住宅ローンの審査に通りづらくなります。

審査の対象になる個人の信用情報は、全国銀行協会(全銀協)が運営する全国銀行個人信用情報センターであるKSCの個人データをもとに見ています。

そのため、個人信用情報が理由で住宅ローンの審査に通らなかった人はKSCを見ない住宅ローンに申しこみたいですよね。

この記事では、全銀協のKSCについて解説してから、KSCを見ない住宅ローンがあるかどうか解説していきます。

後半では信用情報に傷がついていた時の対処法も紹介しています。

審査が甘い・通りやすい?住宅ローンランキング!審査の緩い借りやすい銀行を見抜くコツ
人気の住宅ローン【2022年06月最新】
三菱UFJ銀行 住宅ローン
● 最も利用者が多い人気ローン!14年連続No.1
● 申込から借入まで来店不要!口座なしでも申込可
● コンビニATMが24時間無料!お得に借りれる
繰上返済手数料 0円 事務手数料 0円
保証会社手数料 33,000円 団体信用生命保険料 不要
\簡単15分でWeb申込!/

全銀協のKSCとは?

全銀協のKSCは全国銀行個人信用情報センターのことで、簡単に言えばローン等に関する個人信用情報を登録している機関です。

それまでのローン取引を記録として残し、新たな与信取引を始める際の参考資料として金融機関にデータを提供します。

KSCの会員である金融機関は、消費者等への過剰貸付(多重債務)の防止や審査事務の迅速化に役立てています。

全国銀行協会=KSCと誤認されやすいですが、あくまで全国銀行協会が運営している機関の一つです。

CIC・JICCとの違い

KSCと似た信用情報取引機関として、CICやJICCという機関があります。

しかし、それぞれの登録業者は下記のように異なります。

業者 JICC CIC 全銀協
消費者金融
クレジット会社
信販会社
保証会社
リース会社
銀行
保険会社
携帯電話会社
信託銀行
信用組合
農協

全国銀行協会はJICCやCICに比べて、加入条件が厳しいため、消費者金融やクレジット会社は加入していません。

銀行、信託銀行、信用組合が加入しているのが全銀協だと覚えれば問題ありません。

情報登録期間の違い

また、個人情報が登録されている期間も次のように異なります。

信用情報 JICC CIC 全銀協
延滞の有無・発生日 延滞解消から1年 延滞解消から1年 延滞解消から5年
自己破産 5年 5年 10年
個人再生 5年 登録されない 10年
任意整理 5年 登録されない 登録されない
申し込み 6か月 6か月 6か月
契約・借入・返済 5年 5年 5年

全国銀行協会のKSCでは、支払い延滞においては5年経過しなければ記録が残ってしまいます。

住宅ローン申し込み時に支払いが遅れた記録があると審査に通りづらくなりますが、逆に言えば過去5年が経過すれば記録として残らなくなります。

住宅ローンの審査を通過したい場合は、時期を遅らせて審査に申しこむのも一つの手です。

住宅ローンの審査期間はどれくらい?申込から結果回答までにかかる日数と金融機関ごとの期間の違いを解説

KSCに記録される情報

KSCに記録される情報は、主に次の内容になります。

登録情報 登録内容 登録期間
取引情報 ローンやクレジットカード等の契約内容とその返済状況の履歴 契約期間中および契約終了日(完済日)から5年
照会記録情報 会員がセンターを利用した日、ローンやクレジットカード等の申込み・契約の内容等 当該利用日から1年を超えない期間
不渡情報 手形交換所の第1回目不渡、取引停止処分 当該発生日から6か月、当該処分日から5年
官報情報 官報に公告された破産・民事再生手続開始決定等 当該決定日から10年
本人申告情報 本人確認資料の紛失・盗難、同姓同名別人の情報がセンターに登録されており自分と間違えられるおそれがある旨等の本人からの申告内容 登録日から5年
貸付自粛情報 本人に浪費の習癖があることやギャンブル等依存症により、本人や家族の生活に支障を生じさせるおそれがあることから、自らを自粛対象者とする申告内容 申告日から5年

登録してから数年間は記録され続けることが多いので、KSCの内容に不安がある場合は気をつけましょう。

全銀協を見ない住宅ローンは存在する?

全銀協に登録していない金融機関であれば、KSCを確認されることはありません。

しかし、ほとんどの銀行・信用金庫が含まれていますが、審査に不安がある方は事前に確認しておきましょう。

住宅ローンではCICの記録を見ない金融機関はありますが、全銀協の記録を見ない金融機関はほとんどありません。

つまり全銀協のKSCはほぼ確認されるので、心配な人は後述する方法で内容を確認してください。

住宅ローンが組めないけど家が欲しい時は?ローンを組まないリスクと原因を解説

KSCの内容を確認する方法

人気の住宅ローン【2022年06月最新】
三菱UFJ銀行 住宅ローン
● 最も利用者が多い人気ローン!14年連続No.1
● 申込から借入まで来店不要!口座なしでも申込可
● コンビニATMが24時間無料!お得に借りれる
繰上返済手数料 0円 事務手数料 0円
保証会社手数料 33,000円 団体信用生命保険料 不要
\簡単15分でWeb申込!/

KSCに登録されている情報は、開示手続きを踏めば確認することができます。

郵送手続きのみで、窓口での開示は行わないため気をつけましょう。

内容を確認するためには、次の必要書類を準備しましょう。

  • 登録情報開示申込書
  • 本人確認書類
  • 開示手数料(郵便小為替証書)
  • 郵送用封筒
  • 切手

上記書類を準備して指定送付先に郵送すると、本人限定受取郵便「特例型」or簡易書留で届きます。

1週間から10日程で登録情報開示報告書が届くので、内容が確認できます。

KSCに傷がついていた場合の対処法

KSCに傷がついている場合の対処法として、次の3つが挙げられます。

  • 返済中の支払いを滞納しない
  • デビットカードを利用する
  • 新たに借り入れをしない

KSCに傷がついていると、「ブラック」と呼ばれる状態になってしまいます。

銀行の住宅ローンやマイカーローン、大手消費者金融のカードローンや、クレジットカードの審査にはまず通過することができません。

そのため、上記の対策を取って信用情報を回復する必要があります。

返済中の支払いを滞納しない

債務整理後の返済中に支払を滞納してしまうと、傷がついた信用情報が回復するまでの期間が延びてしまいます。

そのため、返済中の支払いは滞納しないように気をつけましょう。

滞納すると借金問題を悪化させてしまい、さらに信用情報の悪化につながります。

携帯電話の端末料金やDVDレンタルの遅延も、信用情報に影響を及ぼすので気をつけましょう。

デビットカードを利用する

デビットカードとは、支払いと同時に銀行から金額が引き落とされるカードです。

口座に残金がなければ引き落とすことができないので、信用情報に影響を与えることはありません。

そのためデビットカードの作成時には審査が必要ないので、信用情報に事故情報が登録されていても作成できます。

クレジットカードが利用できない人でカード支払いをしたい人は、デビッドカードの利用がおすすめです。

信用情報に傷がついている場合は、さらに傷がつかないように対応しましょう。

新たに借り入れをしない

信用情報が回復するまでは、新たな借り入れは避けましょう。

基本的に金融機関から新たに借り入れすることはできませんが、友人や親族からの借金もNGです。

借り入れをしない習慣を身につけなければ、KSCに傷がつき続けます。

中には審査の甘い金融業者もあり、「ブラックリスト入りでもカードを作れる」と言ってカードを作らせる業者もあります。

貸金業登録のない違法業者の可能性もあり、取引すると金利がやたら高額であるなどの落とし穴があるので、注意が必要です。

ブラックリストの期間は、基本的には借り入れはできないと考えておきましょう。

住宅ローン審査が通らない驚きの理由5選!審査が不安なときの対処法も紹介

住宅ローンの審査で全銀協のKSCはほぼ確実に見られる

住宅ローンの審査において、全銀協のKSCを見ないことはほとんどありません。

信用情報に傷がついていた場合は、時期を改めるなどの方法を取る方が無難です。

KSCに傷がついていないか不安な人は、事前に確認しておきましょう。

人気の住宅ローン【2022年06月最新】
三菱UFJ銀行 住宅ローン
● 最も利用者が多い人気ローン!14年連続No.1
● 申込から借入まで来店不要!口座なしでも申込可
● コンビニATMが24時間無料!お得に借りれる
繰上返済手数料 0円 事務手数料 0円
保証会社手数料 33,000円 団体信用生命保険料 不要
\簡単15分でWeb申込!/
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

特集記事

不動産一括査定サイトおすすめランキング!不動産売却におすすめの人気33社を比較【2022年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2022年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…