TOP > 不動産売却 > 不動産の買取再販とは?不動産仲介業との違いやおすすめ買取再販業者を紹介

不動産の買取再販とは?不動産仲介業との違いやおすすめ買取再販業者を紹介

【更新日】2022-05-06
このエントリーをはてなブックマークに追加

「物件を売ろう!」と決めた時に、「買取再販」「仲介」どちらで物件を売ろうか悩んでしまう事、ありますよね。

今回は不動産の買取再販についてどのようなものなのか紹介していきます。

仲介との違いやメリット・デメリットを分かりやすく解説しているので、買取再販で物件を売ろうかなやんでいる人は、参考にしてください。

不動産の買取再販とは

不動産の買取再販は、不動産会社が中古物件を買い取り、リフォームやリノベーションをして再び販売することを指します。

通常の場合、不動産売却は「仲介」を利用することを考えますが、買取再販は仲介に比べてスピーディーに物件を売却できる為、売主の状況によっては買取再販の方が向いているケースがあります。

不動産の「買取再販」と「仲介」の違い

不動産を売却するには「買取再販」と「仲介」する方法があります。

  • 買取再販…不動産会社が直接買主になる
  • 仲介…売主と買主のマッチングを不動産会社が行う

不動産を売却することは同じですが、方法や特徴が異なるので、違いを理解しておきましょう。

買取再販と仲介は買手側が異なる

買取再販は不動産会社が物件を購入する為、物件を買取るのは不動産会社になります。

仲介の場合、不動産会社が買主を見つけてくれる為、買主は不動産会社になりません。

不動産を売却したい人からすると、買主はどちらでも良いと思いがちですが特徴が異なる為、違いを理解しておく必要があります。

買取再販は不動産会社が物件を直接買い取り、リフォームやリノベーションを行う為、仲介手数料がかからずスムーズに売却することができます。

一方で仲介は不動産会社が広告活動を行ったり、購入希望者とのマッチング・交渉を調整したりする為、時間がかかります。

時間がかかる仲介ですが相場価格とほぼ同額で売ることができるので、なるべく高く売りたい人は仲介の方が向いています。

不動産売却でおすすめ業者を選ぶ方法と評判の良いおすすめ不動産会社を厳選

買取再販と仲介は収益元が異なる

買取再販の場合、不動産会社の収益は物件の購入額とリフォーム・リノベーション後の販売金額の差が収益になります。

仲介は、買主と売主をマッチングさせて売買契約を成立させる事によって仲介手数料を得られます。

不動産の買取再販で売却するメリット

不動産の買取再販で売却するメリットは多数存在します。

  • 確実に売却できる
  • 契約不適合責任を負う必要がない
  • 仲介よりスムーズに現金化できる

買取再販で不動産を売却すると、仲介より手軽に物件を売れるので「なるべく早く!そして確実に現金化したい!」という人におすすめの売却方法です。

これからメリットを詳しく解説するので、買取再販で物件を売ろうか悩んでいる人は参考にしてください。

確実に物件を売ることができる

買取再販は不動産会社が物件を買い取ってくれるので、確実に物件を売却できます。

仲介の場合、買主が見つかるまで売買を成立させることが出来ず、何時現金化できるかわかりません。

買取再販は不動産会社に物件を売れば現金化できる為、スムーズにお金を手に入れることができます。

契約不適合責任を負わなくて良い

仲介で不動産を売却した場合、売主は「契約不適合責任」を負う必要があります。

契約不適合責任は、物件の売買が成立した後でも物件に欠陥が合った場合、賠償責任を負うことを指します。

買取再販は不動産会社に物件を買い取ってもらうので、契約不適合責任を負う必要がありません。

仲介の場合でも不動産会社が慎重に契約を進めてくれるので、契約不適合責任を負わされることはほとんどありませんが、一切負う必要がない訳ではないので不安になります。

買取再販は責任が一切無い為、気持ち的にも楽に不動産を売却出来ます。

より早く物件を現金化できる

仲介で物件を売却する場合、買主を見つけるまで物件を売却して現金を得ることは出来ません。

一方で不動産会社に売却する場合、売却相手が不動産会社になる為、スムーズに現金化することができます。

「スムーズに物件を売却したい!」という人や「期限内に物件を売らなければならない」という人に最適の方法です。

不動産の買取再販で売却するデメリット

買取再販は魅力的なメリットが多数存在しますが、デメリットもあります。

  • 相場より低く売却される
  • 古い物件でないと売りにくい
  • 担当者によって売買に詳しくない人がいる

買取再販は仲介よりスムーズに物件を売却することが出来ますが、仲介に比べて価格が安くなってしまう可能性があります。

これから買取再販のデメリットを詳しく解説していきます。

買取再販を検討している人はデメリットをチェックした上で利用しましょう。

相場より低い値段で売却される

買取再販業者に物件の売却を依頼すると、仲介業者に依頼する場合より10~30%売却価格が下がってしまいます。

売る物件によっては半額になってしまう場合がある為「なるべく高く売りたい!」という人には不向きです。

買取再販で物件を売ると安くなってしまう理由は2つあります。

  • 工事費用込みで売却価格を設定している
  • 不動産会社は仕入れ額を抑え込みたい考えがある

買取再販はリフォーム・リノベーションを前提に考えており、再販した時の価格がそこまで高値にできない物件は購入価格を下げることによって収益を安定させます。

上記のことから、リフォーム・リノベーションの費用が高くなればなるほど、買取価格を下げられてしまいます。

また不動産会社は買取再販した場合、リフォーム・リノベーションした後に物件が売れて利益になる為、仕入れ額を抑え込みたい思いがあります。

以下に仕入額を安く抑えて高く売るかが重要になってくる為、相場より低く提示されてしまいます。

新しい物件は売れにくい

買取再販は、リフォーム・リノベーション無しでは売りにくい物件に適した売却方法です。

新しい物件でリフォーム・リノベーションの必要がない場合、買取再販で物件を買い取ってもらえない可能性が高くなります。

また古い物件でも小規模のリフォームで買主が見つかりやすい場合もあり、状況によっては仲介で売却した方が良いこともあります。

買取再販担当者の知識が不安定

買取再販も仲介も不動産のプロが行う仕事ですが、買取再販は建築系のプロが多い傾向にあります。

リフォームやリノベーションをおこなって物件の価値を高める事に関して知識が豊富で、売買に関して詳しくない人も居ます。

売買に詳しくない担当者にあたると、予想以上に価格を低く提示されたり売却時にトラブルが発生したりするので注意が必要です。

買取再販で担当者に不安を感じた場合は、不動産会社に相談して担当者を変更してもらうか他の不動産会社に相談してみましょう。

買取再販を利用した方が良い人の特徴

買取再販も仲介もそれぞれメリットがある為「どちらの売却方法で物件を売ればいいの?」と悩んでしまいますよね。

そこで今回は、買取再販を利用した方が良い人の特徴をまとめました。

  • 短期間で物件を売りたい人
  • リフォーム・リノベーションが必要な物件を売却したい人
  • 契約不適合責任を負いたくない人

買取再販は物件の売却価格を低めに設定されますが、上記のような人には最適の売却方法です。

これから詳しく解説するので、買取再販・仲介で迷っている人は参考にしてください。

短期間で物件を売却したい人

買取再販は不動産会社が買い取ってくれる為、買主を探す手間が省けます。

また仲介の場合は、売却活動の為の写真撮影やハウスクリーニング・掃除を行う必要がある為、面倒くさいと思う人もいます。

忙しくて物件の売却に手間を掛けられないという人や、とにかく早く物件を売りたいという人に買取再販はおすすめです。

リフォーム・リノベーションが必要な物件を売りたい人

リフォーム・リノベーションが必要な物件を売りたい人は、買取再販に向いています。

老朽化している物件は、仲介でそのまま売ろうとしても買主が見つからない場合が多く、売りたくても売れない状況になってしまいます。

買取再販だとリフォーム・リノベーション前提で物件を買い取ってくれるので、買主が見つからない問題を解決できます。

相場より低く価格を提示されてしまいますが、個人でリフォーム・リノベーションを行って買主を見つける必要が無いので、最終的に考えると買取再販の方がお得な場合もあります。

契約不適合責任を負いたくない人

仲介で物件を売ると、売った後に物件の欠陥が見つかった場合「契約不適合責任」を負うことになります。

物件を売却した後も「気づいていない欠陥が見つかってトラブルが起きたらどうしよう」と不安になる人もいます。

一方で買取再販は、契約不適合責任を一切負わず物件を売却できるので契約不適合責任の不安を解消できます。

物件の売却後、売却した物件のことで悩みたくないという人に買取再販は最適です。

ただし買取再販より仲介の方が利益的にお得になるケースもあるので、総合的に見て買取再販の方が良いのか考えることも重要です。

【2022年最新】不動産買取再販業者ランキング

リフォーム産業新聞「買取再販年間販売戸数ランキング2021」に基づいて、買取再販業者のランキングを紹介します。

順位 不動産会社名 再販売上 平均販売価格 平均築年数 仕入れ戸数
1 カチタス 657億円 1,452万円 32.6年 4,502
2 リプライス 315億円 1,930万円 23.9年 1,355
3 インテリックス 348.6億円 2,204万円 30.6年 1,294
4 大京穴吹不動産 390億円 2,630万円
5 フジ住宅 327.8億円 2,200万円 27年 973
6 スター・マイカ・ホールディングス 388.5億円 3,000万円 1,180
7 レジデンシャル不動産 174億円 1,700万円 28年 1,055
8 イーグランド 176億円 2,047万円 30年 803
9 マイプレイス 240.3億円 3,200万円 31年 522
10 オークラヤ住宅 185.1億円 2,680 39年 653
引用元:リフォーム産業新聞

買取再販を行っている不動産会社は、それぞれサービス内容やメリットが異なります。

今回はランキングTOP3の業者を詳しく紹介します。

不動産買取業者おすすめランキングTOP10!大手買取業者の口コミ・評判の比較と失敗しない選び方

1位.カチタス

カチタスは東証1部上場企業で、8年間連続で買取再販年間販売戸数ランキング1位を獲得しています。

地方の戸建てを中心に、買取再販を行っており2位のりプライスもカチタスの子会社です。

全国に1,000店舗以上展開している会社で、査定価格の提示がスピーディーです。

最短1ヶ月以内で現金決済できるので、買取再販で早めに物件を売りたい人におすすめです。

2位.リプライス

リプライスは2016年にカチタスの子会社になった不動産会社で、本社は名古屋にあります。

特に東海地方の物件に強く、マンションの買取再販が増加傾向にあります。

売上を2012年度の47億円から2021年度315億円まで伸ばしており、急成長している会社です。

3位.インテリックス

インテリックスは東証一部上場の企業で、マンション物件に強みをもっています。

中古マンションに対するアフターサービス保証がついており、地方のマンション買取も強化しています。

買取再販で売却しようとしている人はまず一括査定サービスを利用しよう

買取再販で売却しようとしている人は、HOME4Uの一括査定サービスがおすすめです。

HOME4Uは登録1分で指定した不動産会社に査定を依頼できます。

最初から不動産会社1社に限定して査定してもらうと、他の不動産会社の方が高く売れる可能性があります。

HOME4Uは複数の不動産会社に依頼して、どのくらいで売れるのか見比べられるので「最適の不動産会社で物件を売りたい!」と疑問に思っている人にも最適です。

また買取再販と仲介で迷っている人にも適しているので、最適な売却方法を知りたい人にもおすすめです。

不動産会社を決めかねている人や、物件の売却価格を手軽に知りたい人は登録を検討してみましょう。

HOME4Uの評判は良い?メリットの解説や実際に査定を依頼して使いやすさ・特徴を調査!

不動産会社の買取再販の流れ

不動産会社の買取再販の流れは下記の通りです。

  • 1.買い取り
  • 2.リフォーム
  • 3.販売
  • 4.売買成立

不動産会社からすると、売主から物件を買取る時が物件の仕入れになります。

売主が納得する価格を提示し、契約が成立すれば売主は不動産を現金化できます。

売主が買取再販で関わる部分は上記のみで、その後のリフォームや販売・契約に関わることはありません。

買取再販業者の選び方

買取再販業者で物件を売却する際に業者選びに失敗すると、最悪損をしてしまいます。

買取再販業者で売却を検討している人は、これから紹介する選ぶ時に注目するポイントを抑えて良い業者に依頼しましょう。

また個人で選ぶのが難しいという人は一括査定サービスがおすすめです。

買取の説明を明確に話してくれているか

不動産会社側が不利になる説明を避けて、良い部分だけ簡単に説明して終わらせようとしている担当者は注意が必要です。

また、売る側の質問に誠実に回答してくれない場合もあるので、確認の為に質問は最初に行いましょう。

単純に買取価格が高いからといって決めてしまうと、後に後悔する可能性もあるので、担当者やスタッフの姿勢を見て慎重に検討しましょう。

複数の業者に依頼する

仲介で物件を売却する時に、複数の業者に依頼して一括査定してもらいます。

買取再販業者も同じく、複数社に査定してもらうことによって平均的な価格を把握することができます。

最初から1社に絞ると、後に価格で後悔することになります。

不動産の買取再販は物件を早く売りたい人におすすめ

とにかく早めに物件を売りたいと考えている人は、買取再販がおすすめです。

仲介とくらべて圧倒的に早く現金化できるので、急ぎの人は買取再販を検討してみましょう。

ただし仲介に比べて売却金額が下がってしまいます。

売主が納得する価格で売却出来ない可能性もあるので「ある一定の価格以上で売りたい」と考えている人は仲介での売却も考えながら再販買取業者に査定を依頼してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する他の記事

特集記事

不動産一括査定サイトおすすめランキング!不動産売却におすすめの人気33社を比較【2022年最新】
不動産査定サイトのメリットとしては、複数業者に査定依頼できる、無料でネットから申し込める事の他にも…
【2022年】大手不動産会社ランキング!売上高・売却仲介件数・評判を比較!信頼できるのはどこ?
不動産会社ランキングの決定版!総合売上、売却仲介実績、過去の利用者の口コミ・評判からおすすめの不動…